アパレルVMDへの転職

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

アパレルVMDの中途採用について

アパレルVMDへの転職ですが、ショップ店員と比較して求人数は少なくなります。しかしアパレル業界で経験を積むことで中途採用される確率が高くなることでしょう。

新卒や第二新卒以外でアパレルVMDへ転職を考える場合、ファッションアドバイザーや店舗での現場経験をはじめ、POP作成のためのIllustrator、Photoshopのスキル、そしてマネジメント力も大切になりますね。

VMD=ビジュアルマーチャンダイザーはお店の商品が売れるようにディスプレイする仕事ですから、ショップ店員とは異なるスキルが必要とされます。しかし根本にはお店への売上貢献がありますから、アパレル販売員として経験を積むことは決してムダにはならないんですよね。

むしろ履歴書・職務経歴書の自己PRになりますし、「ショップ店員からアパレルVMDを目指す動機」を考えることにより、志望動機もスムーズに作成できるのではないでしょうか。

面接の場で自己PRと志望動機は必ずと言って良いほど聞かれますし、履歴書内でも力を入れて作成する箇所ですよね。

アパレルVMDとして働いた経験があれば、やはり転職時に有利になりますが、大多数の方はVMDとして働いたことがない、未経験からアパレルVMDを目指すことになりますので、必要なスキル、キャリア、そして志望動機と自己PRをしっかり考えると良いですね。

アパレルVMD求人が増える時期

アパレルVMDは基本的に1ブランドを1人で担うため、求人が急激に増えることもなく、年間通しても求人募集が増えやすい時期は無いようです。その辺りはアパレル求人サイトの担当者に相談しながら進めてみて下さい。

アパレル求人サイトの中には面談型のサービスもありますし、そのようなサービスを利用することにより、VMDの疑問や不安、最新の転職事情や求人動向なども情報収集できると思います。

なお、派遣やアルバイトでVMDとして働くことは現実的ではないようです。実際にアパレルVMD求人を検索してみた限りでは、バイトや派遣ではなく、正社員の募集が多数見られたんですよね。

ショップ店員は派遣やアルバイト求人も多数ありますが、雇用形態として正社員前提のVMDは責任が重くなりますし、その分中途採用も慎重に行われることでしょう。

面接の場ではポートフォリオも必須と言われていますので、その辺りの相談も含めて、まずはアパレル求人サイト・人材紹介サービスに相談されてみて下さい。

人材紹介会社でアパレル正社員求人を探す!

↑の特集記事でご紹介しているようなアパレル求人サイトは無料で登録できますので、リスクなく利用することが出来ますね。ぜひ活用してみてください。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A