アパレルVMDになるには

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

まずはアパレル求人サイトに登録しよう

アパレルVMDになるには、まずアパレル求人サイトへの登録から始めると良いでしょう。

【参考特集記事】
人材紹介会社でアパレル正社員求人を探す!

この特集記事の中でご紹介しているアパレル求人サイトは無料で登録できますし、その中にVMD求人が含まれているかもしれません。

アパレル正社員求人の紹介を行っている人材紹介会社では、時々ですがVMD求人もあるようです。

東京や大阪、名古屋のようなアパレル企業の本社がある地域なら、仕事探しを行うタイミングによっては、比較的スムーズに求人が見つかるかもしれません。

ただしVMDになるには経験が大切と言われています。全くの未経験から目指しても難しいようですね。

そうは言っても、必ずしもアパレルVMDの経験が必要というわけではありません。アパレル販売員、ファッションアドバイザーとして現場でディスプレイを学んだり、アパレル業界でスキルとキャリアがあれば、VMD求人には応募しやすいそうです。

VMDに必要な資格はある?

また、近年VMDの必要性が高まっています。店舗ごとのイメージ統一が普通になってきていますし、洋服以外にもジュエリー、インテリア、雑貨などを扱うショップも増えていますので、そのような様々なアイテムを絡めてプロデュース出来る人材が求められています。

もちろんVMDはブランドイメージを打ち出すと共に、その企業の売上アップに貢献する必要があります。そのために最新のトレンドを熟知するのはもちろん、流行色を差し色にしてバランスを取り、売場を構成するスキルも大切になりますね。

その辺りの詳細な情報に関しては、ぜひアパレル求人サイトに無料登録して相談されてみて下さい。

アパレルVMDの求人募集は決して多くありませんが、幅広い業種のアパレル求人を保有している求人サイト、販売員・ショップ店員以外の求人も取り扱っている転職サイトを利用することで、VMD求人が見つかる確率は高くなることでしょう。

なお、VMDになるために必須の資格はありませんが、ディスプレイデザインを専門学校などで勉強することで、VMDに活かせると思います。他にも「商品装飾点字技能検定」を取得していればプラスになるのではないでしょうか。

ただし資格や検定があっても、経験が無ければ中途採用は難しいですし、逆に言うと資格が無くても現場経験が豊富なら、採用の可能性は高くなりますね。

面接時にはポートフォリオが必須とも言えますので、面接を受けるブランドに向けたポートフォリオも準備すると良いでしょう。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A