アパレルVMD 仕事内容

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

VMD(ビジュアル・マーチャンダイザー)ってどんな仕事?

アパレルVMD(ビジュアル・マーチャンダイザー)の仕事内容についてお伝えします。

アパレルでは「見せて売る」という仕組みが確立されていますね。VMDはその手法(ビジュアル・マーチャン・ダイジング)を用いて売場を作る仕事です。

中でもマネキンが重要なアイテムとなります。マネキンには上半身のみ、下半身のみ、全体と種類がありますが、VMDとして3種類を使い分けてコーディネートを行うことになりますね。

ショーウィンドウのマネキンでお客さんの目を引き、店内に足を踏み入れるきっかけを作ったり、店舗内のマネキンでコーディネートを提示して購買意欲を高める役割を果たします。

シーズンテーマや商品によっても店舗内の配置は変わりますし、什器のプランニング、小物、POPや内装など様々な要素を絡めて店内を演出することになるでしょう。

また、ハンガーに服を掛けるのもVMDの役割が重要と言われています。

服全体が見える掛け方(フェイス)なのか、横一列に並べて服全体を確認できる掛け方(スリーブ)なのか・・・服の種類によって分けて考える必要がありますし、ショップ内の雰囲気、色合い、構成などトータルで考える必要がありますね。

他にも新規出店やリニューアルオープンでもVMDが活躍するようです。全国に店舗展開しているブランドなら、様々な店舗を回って販売員への教育も行うことになるでしょう。

マーチャンダイザーは売上情報を元に分析を行いますが、アパレルVMDは売りたい商品を決めてからデータ収集を行い、結果を分析することになりますね。

その分、比較的自由度が高い仕事と言えますし、自分の感覚で売れる商品を見極め、実際にその商品の売上げが伸びた時にやりがいを感じられるのではないでしょうか?

アパレルVMDの求人を見つけるには

VMDになるにはファッションアドバイザーとしてのスキルと経験が大切と言われています。

未経験から就職するのは難しいようですが、逆に言えば今までアパレル業界で必要な経験を重ねて自信があり、ブランドの知識、ディスプレイ、コーディネートを現場で学んでいる方は積極的に仕事探しを行ってみて下さい。

求人数は決して多くありませんので、ハローワークなどを利用するよりも、アパレル専門の求人サイト・人材紹介サービスに登録して求人探しを行うと良いですね。

すぐに見つからなくても、新着求人の中にアパレルVMDの募集が見つかるかもしれませんし、非公開求人まで含めて探すことで、好条件・高給与のアパレルVMD求人の紹介を受けられる可能性が高くなりますよ。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A