アパレルVMD 求人

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

「VMD(ビジュアル・マーチャンダイザー)として働きたい」と思っている方へ

VMD(ビジュアル・マーチャンダイザー)はアパレル業界の憧れの職業の一つではないでしょうか?そのように考えているアパレル店員も多いのではないでしょうか。

将来的には目指したい、という気持ちを持ってお仕事に頑張ってらっしゃる方もいるのではと思います。

ただし求人数は決して多いとは言えません。

「VMD/プレス/販促」

という括りで募集されることが多く、VMD単体で求人募集されるケースは少ないようです。

その理由として、VMDは基本的に1ブランドを1人で担当していますので、増員は考えづらいのです。年間通しても、急激にVMD求人が増える時期はないと言われていますね。

しかし全くVMDの求人募集が無いわけではなく、東京や大阪のような人口の多い都市、アパレル企業の本社がある都市を中心に定期的に募集が見られます。

そのため新着求人含めて、VMD求人をチェックし続けることが大切になりますね。

また、VMDはアパレル未経験者を採用するケースはほとんど無いそうです。

まずはアパレル販売員、ファッションアドバイザーとして知識と経験を積んだ上で、改めて応募を考えると良いですね。

その際に評価されやすい経験としては、ブランドの知識やディスプレイ、顧客ニーズとなります。外資系ブランド、ラグジュアリーブランドの場合は本社とのやり取りも考えられますので、英語力が必須となるでしょう。

幅広いスキルが求められるビジュアルマーチャンダイザー

他にも求められるスキル、適正として、コーディネート力やトレンドの意識、プレゼン能力も大切と言われていますね。企画が立てたブランド戦略を元にVMDとして戦略を練ることになりますので、幅広いスキルが必要になるのではないでしょうか。

新店舗がオープンすれば、その店舗に出向いて仕事を行うこともありますので、周囲のスタッフとの協調性も大切になりますね。

なお、面接ではポートフォリオが必須と言われていますので、履歴書・職務経歴書を郵送する段階で作成するようにしましょう。もちろんそのブランドに向けて作り込んだポートフォリオが必要です。

他にも販促物を作成するためにPhotoshopやIllustratorを学んだり、マネジメント力も大切になるようですね。

VMDになるにはクリアすべきハードルも多いですが、その分充実感、やりがいを感じられる仕事として認知されていますので、まずはアパレル求人サイトに登録して担当者に相談してみて下さい。

アパレルVMD求人の最新動向や給与(年収)、仕事内容・役割に関しても教えてもらえると思いますし、そのような情報収集が役立つことでしょう。

求人サイトは無料で利用できますので、気軽に登録してみて下さい。

アパレル正社員求人に強いアパレル紹介会社などを利用する事で、数少ないVMD求人なども見つかる可能性があります。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A