アパレル面接時の服装は?

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

アパレル業界の面接の服装について

一般的事務のお仕事などで企業に面接に行く場合には、基本的にはその仕事が正社員であろうとバイトであろうと、スーツで臨むのが大原則。

カジュアルな服装で臨むのは社会人として十分な面接対策とは言えません。

しかし、アパレル業界においては少し事情が異なります。

この業界ではショップやブランドごとに雰囲気やイメージが大きく異なっているだけでなく、そうしたファッションを追求するのが企業の使命でもあります。

そのため、バイトの面接なら基本的にはそのブランドやショップの雰囲気に合った服装で面接に臨むことが採用につながりやすいコツと言えるでしょう。

正社員の場合には、カジュアルなブランドでもカジュアルすぎる服装で面接に臨むのはNGなので、基本的にはスーツ着用となります。

しかし、新卒者の就職活動のようなスーツでは個性もなければブランドの雰囲気を出すこともできませんから、そのブランドの雰囲気を演出できるような着こなしを研究することが大切です。

それがアパレル業界の面接対策と言えるのではないでしょうか。

この業界では、クリエイティブなお仕事をする場合でも、事務職に就く場合でも、志望動機は「このブランドが大好き」という志望動機を持っていることは大前提。

ブランドが大好きなうえで、自分のキャリアを積みたいとか、ブランドの着こなしや流行をもっと勉強したい、というような志望動機があると良いでしょう。

そのショップの服を着なくちゃダメ?

他の業界と比べると比較的自由度が高い業界なので、面接だからといってきちんとした服装にあまりこだわる必要はないようです。そのかわり、ブランドイメージに合った服装を心掛ける事が大切です。

私服で臨む場合、必ずしもそのブランドの服を着なくてはいけないという訳ではないようです。

もちろんそのブランドの服を着ればブランドイメージから大きく離れることはなくなりますし、「このブランドが大好きアピール」にもつながります。

しかしそれよりも、全身のコーディネートの完成度の方を重視するという採用担当者もいます。

普段からそのショップのブランドイメージに近い服装をしているという方は、手持ちの服でコーディネートしていくのもアリかもしれません。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A