アパレル正社員の面接

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

面接時の服装はきちんと感のあるものを

アパレル業界の面接と言ってイメージするのは、それぞれのショップで販売員として働くアルバイトの面接ではないでしょうか。

バイトの面接なら、基本的にはそのショップの店長が面接をしてくれるので、あまりかしこまる必要はありません。

もちろん、きちんとした志望動機があることも大切ですし、ブランドのイメージに合った服装で望むというような面接対策が必要になりますが、比較的リラックスした雰囲気の中で面接できるはずです。

正社員の場合でも、ショップで働く正社員なら、バイトと同じように店長が面接をしてくれますが、正社員の場合には面接は基本的にはカジュアルすぎないようにスーツで臨んだほうが良いでしょう。

しかし、あまりかしこまりすぎたスーツではアパレル業界の雰囲気に合わないため、そのブランドの雰囲気に合わせたシャツをインナーとして着るなどして、きちんとした服装の中にもブランドの雰囲気を入れることは、採用につながりやすい面接対策と言えます。

みんな同じようになりがちなスーツをセンス良く着こなすことができれば、きっと良い印象を持ってもらえることでしょう。

服装だけでなく志望動機も重要

服装だけではありません。志望動機もきちんと準備しておきましょう。

正社員の場合でも「このブランドが大好き」という動機を持つ人は多いもの。
しかし、大好きというだけではなく、「仕事をしながらこのブランドのことをもっと知りたい」「働くことで着こなし方やセンスを勉強して自分のキャリアにしたい」など自分の長期的な展望も動機に盛り込むことができればOKです。

正社員として働く場合、志望動機は必ず聞かれますし、オーソドックスな返答でも良いのですが好感を持たれるような答えを準備したほうが採用につながりやすくなるようです。

志望動機については、アパレル正社員の志望動機の記事も参考にしてみて下さい。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A