アパレル正社員の志望動機

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

「このブランドが大好き」という事を前提に志望動機を考える

アパレル業界は、他の業界と比べると比較的自由度が高く、個性が高く評価される業界です。それは、クリエイティブな職種が多いから。

面接の際、各ショップで販売員としてバイトをするなら、そのブランドの服をカジュアルに着こなして面接に望むのが一般的です。

しかし、正社員として働く場合にはカジュアルすぎるとマイナスの印象を与えかねないので気を付けましょう。

正社員としてアパレル業界で働く場合には、志望動機がとても大切です。

ブランドごとに雰囲気やイメージががらりと異なるため、「このブランドが大好きで自分でもよく利用している」という態度は必要不可欠。

そのうえで、ブランドの着こなしやセンスを勉強したいとか、今度は働くという立場でブランドにもっと貢献したいなどの志望動機が多いようです。

経験者の場合は「キャリアを積みたい」という理由もOK

既にファッション業界での経験がある人なら、キャリアを積みたいからという志望動機でもOKです。

クリエイティブな仕事をしている人でも、最初はバイトや正社員で下積みをする人は少なくありませんし、ファッションデザイナーなども最初はアパレル業界でクリエイティブ系の仕事からスタートすることが多いもの。最初からスターになれる人はいません。

自分自身が醸し出す雰囲気やイメージ作りも立派な面接対策となります。

採用する側にとっても、やはりその企業が打ち出すイメージにあっている人を採用したいはずですから、ヘアスタイルやメイクを研究することも面接対策の一環といえそうですね。

アパレル正社員の求人は一般の求人サイトや求人情報誌ではなかなか見つからないと思います。アパレル正社員の求人探しには、アパレル正社員の仕事を多く扱うクリーデンスがおすすめです。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A