アパレルバイトの面接

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

販売員バイトの面接は基本的にショップで行う

アパレル業界で働くと言っても、いろいろな働き方があります。

事務系のお仕事やクリエイティブなお仕事などは各ショップで働くというわけではなく本社勤務になることが多いため、面接も本社で行われることが多くなります。

本社勤務は正社員での採用が多いのですが、近年ではどの企業も経費削減のために本社勤務でもバイトを採用するスタイルが増えているようです。しかしバイトだからと言って気を抜かず、本社で面接が行われるときには志望動機もきちんと考え、適切な面接対策を行う必要があります。

アパレル業界では、そのブランドやショップのイメージに合った服装で面接に臨むことが必要です。

各ショップでの販売員などのバイトなら、本社で面接が行われることはまれで、ほとんどの場合、そのショップ内で店長による面接が行われることになります。

アパレルバイトの面接時の服装

面接対策としては、そのブランドが大好きで着こなしやセンスを勉強したいという点を志望動機としてアピールしたり、そのブランドのイメージに合った服装で面接に臨むと採用につながりやすいようです。

一方、本社での面接の場合には、基本的にはスーツで望むのが基本。しかし、銀行の面接に行くようなオーソドックスすぎるスタイルでは個性が表現できないので、そのブランドのアイテムをシャツなど目立たない場所に使うなどして、そのブランドを使った自分なりの着こなしをさりげなくアピールする方法もアリです。

自分らしさ、センスの良さ、そしてブランドの雰囲気にあっている人の方が採用されやすくなることは言うまでもありません。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A