アパレル バイヤー求人

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

バイヤーの仕事とは

アパレルの仕事をお探しの方の中には、バイヤーという職種を聞いたことがあるという方も、少なからずいらっしゃると思います。

ただ、このバイヤーという仕事についてはあまり知られていないのではないでしょうか。

バイヤーは一言で言ってしまうと、店頭に並ぶ商品の買い付けを行う仕事です。

このバイヤーの求人は全くないわけではありませんが、それほど数は多くない職種の一つと言えます。

筆者が見たバイヤーの求人情報には「バイヤー経験を1年以上お持ちの方」という必須条件が付いていました。

多くの場合、経験者優遇だったりするため、未経験で採用されることは、ほぼないと思っていいと思います。

では、どうすればバイヤーになれるのでしょうか。

バイヤーになるには、まず、アパレルや百貨店に就職し、販売員として店頭に立つことになります。

そこで経験を積み、上司から認められてバイヤーになるということが多いようですね。

一番の近道は、販売員からのステップアップということになります。

バイヤーになるために

実はバイヤーになるには、医者や看護師などのように、特別な資格がいるわけではありません

ただ、バイヤーの仕事は、その会社にもよりますが、一人前になるまでに非常に時間のかかる仕事です。

百貨店などでは10年以上かかることもあるそうです。

売り上げの要になる仕事とも言えるため、このことからも、バイヤーという仕事がどれほど企業にとって重要なのか解りますよね。

何しろ、バイヤーの仕事というのは多岐に渡るため、どこからどこまでがバイヤーの仕事、という定義はあいまいなのです。

店頭に並ぶ商品の買い付けがメインと思われがちですが、値段の決定、商品のレイアウトを考えたりもすることがあります。

そのため、買い付けもバイヤーの仕事の一部で、すべてではないのです。

さて、この仕事にはどんな能力が求められるのでしょうか。

ファッションが好きなことはもちろん、自分のセンスだけに頼らず、過去の販売実績や市場の動向を分析する分析力、また、実際に売れるかどうかを冷静に判断し、見極める力が必要になります。

その他には、海外へ買い付けに行く事もあるため、交渉力や語学力も必要ですし、自分の足で歩いて情報を得るために、体力も求められるのがバイヤーなのです。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A