ブランドをアピールする販売促進

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

販売促進に向いている人

販売促進はその名前の通り、より多くの消費者にブランドをアピールする部署になります。

商品を実際に着て接客・販売をすることも販売促進につながりますが、それは、販売の方の記事をご覧いただければと思います、

販売促進はプレスと似ていますが、販売促進の場合、実際の店舗でもどうすれば売れるのか考えることになります。

プレスが雑誌などの広報などを担当するのに対し、販売促進では実際の店舗での売り上げを中心に考えていくことが仕事になります。

店舗の内装がブランドのコンセプトに合っているかどうかを始め、ポップを立てたりしてより売り上げが伸びるように工夫するのが仕事です。

販売促進の仕事は楽しいと感じる人が多く、プレス同様、人気のある仕事です。

どうすれば店の売り上げがアップするのかを考えるのが仕事になるので、常に斬新なアイデアを持っている人に向いている仕事になるでしょう。

ひらめきが大切になので、人とは少し違った感性を持っている人にも向いていると言えるでしょう。

販売促進の仕事を探すには

また、販売促進の仕事は、実際に店舗で働いているうちに、どうしたら売り上げがアップするのか考える機会も多いと思います。

ですので、店舗での販売の実務経験を積んでからの方が、働きやすいのではないでしょうか。

未経験で販売促進の仕事をするとなると、なかなか難しいものがあります。

なので、最初は店舗で経験を積んで、数年後、販売促進に移行したいという旨を伝え、キャリアアップを図ると良いかと思います。

ただ、販売促進の仕事がないブランドも中にはあるので、就職する前にはきちんとあるのかどうか調べた方が良いでしょう。

アパレルの販売促進は、販売促進イベントなどでアルバイトの募集がかかることはありますが、ほとんどアルバイト求人は無いようです。

もし、販売促進の仕事を探すとしたら、契約社員や正社員といった形でしょう。

ですから、仕事を探すのであれば、バイト求人ではなく正社員の求人サイトで探すほうが良いと思います。

また、派遣会社でも販売促進の仕事があるかもしれませんので、そちらも合わせてチェックしておきましょう。

>> おすすめ派遣会社はこちら

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A