ブランドの顔、販売の仕事

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

アパレル業界、メインの仕事

アパレル業界の仕事のメインといえば、販売の仕事ではないでしょうか?

人数も最も多い部署で、求人も多くなっています。

販売は店の顔になります。

なので、ブランドのコンセプトに合った服装や髪型、メイクなどをしなくてはなりません。

また、店の服を着ることによって、消費者に同じものを買いたいと思ってもらうことも大切です。

よく販売員は動くマネキンと言われますが、マネキンに飾ってある洋服のように、販売員もブランドのイメージに合った洋服を着ると良いかと思います。

この、ブランドの服を着て接客・販売をすることが、結果的には販売促進につながったりもします。

販売員は、生産された商品をその名前の通り販売する仕事です。

雇用形態としては、正社員は少なくなっており、契約社員や派遣社員、アルバイトなどが大半を占めています。

特にアルバイトでは、大学生でもできるようになっており、人数が多くなっています。

しかしブランドによっては、契約社員や派遣社員、アルバイトなどから正社員にステップアップできるところもあります。

一定の試験を受けてそれに合格すれば、正社員になることができます。

販売の仕事を探すには

販売員が働く場所は、主にショッピングセンターや専門店、百貨店などになります。

自分がどういった働き方をしたいのかよく考え、働く場所を選ぶと良いでしょう。

ショッピングセンターなどで働く場合には、服装もカジュアルなところが多いですが、専門店や百貨店になると、服装もフォーマルなものになりがちです。

求人数も多い販売職なので、自分の好きなブランドで働くのが一番だと思います。

さて、販売はアパレルの中でも求人数の多い職種です。

ですから、求人自体はそれほど苦労することなく見つけられると思います。

ですが、自分の好きなブランドの求人がすぐに見つかるかというと、それは難しいでしょう。

そのあたりは、運とタイミングですね。

こういった場合、派遣で働くこともおススメです。

派遣会社に登録すると、どんな仕事がしたいのかをあらかじめ打ち合わせ、条件に合う仕事を紹介してもらえます。

そのため、自分の働きたい仕事が見つかる確率は高くなるでしょう。

こちらでアパレル専門の人材紹介をご紹介していますので、のぞいて見てはいかがでしょうか。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A