マーチャンダイザーの仕事内容

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

企画、販売、販促手段などの流通にかかわる仕事

イメージ

マーチャンダイザーとは、何をどのように仕入れて、どのように売るか決める仕事のことです。

またそれだけでなく、商品企画や販売計画、価格設定に販促手段など流通に関することはほぼ行うことができる、いわゆるなんでも屋でもあります。

なので、幅広い知識や経験が必要となってくるので、店舗での実務経験を数年積んだ後にマーチャンダイザーになるという人が多くなっています。

マーチャンダイザーは、買い付けなどによる外出や出張が多いので、そういうのが好きな人にはうってつけの仕事になります。

フットワークの軽さも大切になってくるので、すぐに行動に移せる人がこの仕事には向いているでしょう。

マーチャンダイザーの仕事をしたいと思ったら、すぐにできるものではないので、数年は店舗での販売を行うブランドがほとんどになっています。

なので、数年は我慢をして、実務経験を積むようにしましょう。

店舗での販売をしていて見えてくるものが、後に大きな財産になります。

マーチャンダイザーは狭義には、仕入れを担当するバイヤーのことを指します。

しかし、バイヤーが仕入れのみをするのに対し、マーチャンダイザーは、先述したように様々な仕事を行うことができます。

ですから、幅広い仕事をしたいと思ったらマーチャンダイザーを志願してみるようにしましょう。

ただし、豊富な経験と知識が求められる仕事になるので、常に勉強することが必要になってきます。

勉強熱心な人ほどこの仕事に向いていると言えるでしょう。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A