商品企画の仕事

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

デザイナーやパタンナーが属する部門

イメージ

アパレル業界の仕事として、欠かせないのが商品企画の仕事です。

商品企画の仕事は何をするのかというと、その名前の通り、商品の企画に始まり、商品のデザインやパターンなどを考えます。

職種の名前としては、馴染みのあるデザイナーやパタンナーがこの部門に属することになります。

今流行しているデザインが何か考え、消費者のニーズを正確に掴むことがこの仕事では大切になります。

洋服のデザインの専門学校に行っていた人などはこの仕事に就きやすいと言えるでしょう。

商品企画では、いかに売れる商品を作ることができるかが重要です。

なので、日頃から街を歩く人を観察してみたり、雑誌をよく読んで研究することも商品企画の仕事の一つと言えます。

ブランドの色に合わせた商品企画を

世界に一つしかない奇抜なデザインを考えるのは良いですが、ブランドのイメージに合っているかどうかも大切になってきます。

ですから、自分の担当するブランドのイメージが、自分の作りたいデザインと合っているか、就職する前には考えた方が良いでしょう。

ブランド力は強く、そのブランドだから買うという人も多くいると思います。

それゆえ、ブランドの看板に負けないようなデザインを考えるのも商品企画では大切でしょう。

また、例えばポイントという会社では、女性向けにローリーズファームやジーナシス、ヘザーなどのブランドを多数展開しています。

そこでは、それぞれのブランド色に合わせた商品企画が行われています。

このように、ブランドの色に合わせた商品企画は大切と言えるでしょう。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A