アパレル業界の仕事・職種にはどんなものがある?

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

アパレルにはどんな仕事がある?

イメージ

アパレル業界には、様々な仕事や職種があります。

まず、アパレルの仕事として、最初に思いつくのは、実際の店舗で仕事をしている販売の仕事ではないでしょうか?

販売の仕事は、一番求人数も多く、アルバイトや派遣社員、契約社員でもできる仕事なので、広き門になっています。

もちろん正社員で販売員をやっている人もいますが、多くの正社員が販売員から別の部署へと移動しています。

別の部署というのも色々ありますが、まず、商品企画の仕事があります。

商品企画では、デザイナーやパタンナーと呼ばれる職種がメインになり、名前の通り商品の企画を行います。

そして、企画された商品を実際の商品にしていくのが、生産の仕事です。

生産された商品は、実際の店舗に並びます。

そこで、その商品の売り上げをアップさせるためにする仕事が、販売促進の仕事です。

プレスも販売促進同様に、商品を売り出すための仕事をします。

また外資系のブランドでは、買い付けを行わなくてはなりません。

そこで活躍するのが、マーチャンダイザーやバイヤーなどといった仕事になります。

これらの仕事は、他の仕事に比べ、外出や出張が多いため、フットワークの軽さが大切になってきます。

すぐに行動に移せる人が向いている仕事になるでしょう。

このように、アパレル業界には様々な仕事や職種があるので、販売職だけでなく、他の仕事にも目を向けると視野も広がり良いと思います。

自分がどのように働きたいのか、よく考えることが重要でしょう。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A