アパレルの主な職種

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

ショップスタッフだけがアパレルの仕事ではない

イメージ

アパレル業界と聞くと、店頭で接客をしているショップスタッフが最初に思い浮かぶのではないのでしょうか。

いつも可愛い洋服を着こなして接客する姿に憧れた人も多いかと思いますが、洋服が生み出されて店頭に出てくるまでには実にたくさんの工程があり、それぞれを担当している人は全てアパレルの仕事なのです。

各アパレル会社によってその分類は異なりますが、ここでは主な職種を紹介しますので、それぞれの役割を掴んでみてください。

まずは洋服を作るにはデザイナーによるデザインが必要となります。

大きな会社になればチーフデザイナーやアシスタントデザイナーに分かれていることもあり、企業としての利益やニーズに沿った商品、つまり売れるデザインまで視野に入れて行う必要があります。

デザイナーが作成したデザイン画をもとに、洋服の形を作るためにパタンナーが設計図を作ります。

これは洋服を製作する上で最も重要な工程であり、洋服としての曲線や裁断がここで決定するのです

店頭に並ぶまでには様々な工程が

こうして出来上がった洋服をプレスと呼ばれる広報担当が宣伝したり、営業部門が百貨店や小売店などに売り出していきます。

但しこの時点ではまだ一般客の目には触れることなくあくまでも仕入れの段階となります。

自社がセレクトショップである場合にはバイヤーがマーケティングを行って自身で買い付けに行くこともあります。

バイヤーは豊富な知識と経験、勘や技術などありとあらゆる才能が試される職種ですので、非常にやりがいのあるポジションでしょう。

こうして店舗の担当者が仕入れたものが店頭に並べられることになり、私たち一般客が手に取ることができるのです。

たった1枚のカットソーでもたくさんの人の手によって生産されており、世の中にいいモノを生み出したいというアパレル業界の熱意の賜物です。

そしてもしあなたがそのカットソーを購入すれば、生産管理部門や物流部門がすかさず品物を補充したり追加注文するなど、次なる商品展開へと動き出していくのです。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A