ファッションアドバイザー

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

トータルプロデュースするのが仕事

ブランドの顔となるファッションアドバイザーは、服飾を専門とする雑貨、小物などを販売する職業です。

ショップ店員と同視されることもありますが、店頭に立って販売するだけでなく、お客さま一人一人に合ったコーディネートや商品選びをアドバイスし、トータルプロデュースするのが主な仕事内容となります。

美容師と同じく、自分もおしゃれをしながら人をきれいにすることが好きだったり、喜んでもらえるのが好きな人にはうってつけの職種で、お店の店長や幹部クラスとなって仕入れる品選びに参加することもあります。

お客さまは年齢もバラバラで、それぞれ雰囲気や特徴なども全員違います。

それぞれに合ったコーディネート案を提供するためには、ファッションに関するありとあらゆる知識が必要となり、カラーコーディネートや組み合わせ、見せ方など柔軟な対応も求められます。

それにはまず自分が見本となるようなファッションも求められますので、常にお店の最新のコーディネートに身を包み、ディスプレイをこまめに変えるなど店内の空間作りも重要な要素となってくるのです。

たくさんの経験を積むことでスキルアップ

ファッションアドバイザーは基本的に立ちっぱなしの仕事となり、忙しいときにはお昼休憩を取れないこともしばしばですので、高いプロ意識を持って精神面と体力面を強化していくことが必要です。

これらのスキルを持ち合わせた上で、丁寧な言葉遣いで誰とでもコミュニケーションを取れることは必須条件となるでしょう。

ファッションアドバイザーとしてのスキルを磨くためには、何よりもたくさんの経験を積むことが大切です。

接客業はテキスト上で学べるものではなく、全ての人が自分の思うとおりに反応してくれるわけではありません

その中から何を学び、次に生かしていくかを考えることのできる人が徐々にスキルを上げて売り上げに貢献できるファッションアドバイザーとなることができるでしょう。

就職先にもよりますが、真面目にコツコツと実績を積み上げていくと、早い人で2年目くらいから現場マネージャーや店長のポストを任せられるようになります。

管理職になると経営戦略のスキルも磨かれてきますので、更なるキャリアアップも可能となってくるのです。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A