アパレル業界の大変な所

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

売上目標を達成できないとペナルティがある所も

イメージ

アパレル業界に興味のある人であれば、誰でも一度は大変な仕事だと聞いたことがあるのではないでしょうか。

どんな仕事でもきついことはありますが、アパレルの場合は華々しいイメージが強いために余計にインパクトがあるのでしょう。

傍目から見れば楽しそうな仕事ですが、理想と現実のギャップが大きすぎて離職してしまう人も少なくありません。

これからアパレル業界に入りたいを思っている人は、理想だけでなく大変な面もきちんと理解をした上で就業することをお勧めします

アパレルにはノルマがあり、多くの店舗では売上目標という名称で使用されています。

お客さまがレジで会計をする際には接客したスタッフのコードや番号を入力するようになっていますので、誰が一ヶ月にいくら売り上げたかが一目瞭然となります。

厳しいところは売上目標に届かないスタッフにはペナルティがあるため、スタッフが実費で商品を購入することも多いようです。

しかしスタッフが着ている洋服は売れますので、売上に貢献しているのは事実でしょう。

精神的・体力的にもキツい仕事

この毎日の売上のプレッシャーに加え、アパレル業界の給料水準は決して高いとは言えず、残業も日常茶飯事ですので強い精神力が必要となるようです。

また店頭での仕事は立ちっぱなしですので、慣れるまでが非常に大変だといいます。

足が極度にむくんだり腰痛を患っている人も多いので体力がない人にはきつい仕事かもしれません。

更に商品の入れ替えや在庫整理、返品作業と肉体労働がたくさんありますので、華々しいイメージだけを抱いてアパレル業界に入ると辛い思いをすることになるでしょう。

気になる休日といえば、土日祝日はほとんど休めず、友達や恋人と時間が合わなくて大変な人もいるようです

お盆やお正月などまとまった休みでの旅行もほとんど行けず、基本的に世間が休みのときが一番忙しいときになります。

逆に考えれば繁盛期を避けて旅行に行けるのでメリットもありますが、異業種の人とは休みが合わず苦労してしまうようです。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A