勤務上の注意点

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

サービス業の経験は役に立つ

アパレルは接客業の一つですので、サービス業の経験があると役に立つことがあります。

大きな声でお客さまを迎え入れたりいつでも笑顔で元気な人は、ショップの印象さえも明るくするでしょう。

ただアパレル業界は自分から積極的に商品を売り込んでいくことが必要とされる世界ですので、接客業の中でも非常に能動的だといえます。

高いコミュニケーションスキルでお客さまを和ませ、満足して買い物をしてもらえるように一人一人が向上心を持って接客することが大切です。

アパレルのお仕事は接客だけでなく、在庫整理や検品作業、売上の管理に締めの作業など細かい業務もたくさんあります。

そのため始めたばかりの頃は覚えることが多すぎて大変かもしれません。

仕事に早く慣れるためには、暇な時間に各アイテムのサイズや形、色展開、マテリアルなどを覚えて商品知識を増やしていくようにしましょう。

またセールストークもバリエーションが少ないとお客さまを納得させることができませんので、店頭に並んでいる商品のコーディネートを考えるなどし、向上心を忘れないように気をつけましょう。

「親しき仲にも礼儀あり」を忘れずに

リピーターのお客さまが増えると誰でも嬉しいものですが、その関係性には特に注意が必要です。

どんなに仲良くなっても相手はお客さまであり、友達ではないのです

自分はフレンドリーに話したつもりでも相手にしてみれば不快に思うかもしれませんし、最悪の場合はクレームになってしまうこともあります。

接客をするときには丁寧な言葉遣いと態度を忘れず、親しき仲にも礼儀ありということを常に意識しておくようにしましょう。

また忙しい時間には全てのお客さまを対応するのが困難になり、慣れないうちは戸惑ってしまうかもしれません。

働いている側にしてみればとにかく早くレジを終わらせなければと必死になってしまいますが、相手は長い時間列に並び、また試着するにも時間を取られている場合があるのです。

こんなときには相手を気遣う言葉をかけるだけで印象が随分変わってきますから、一人一人を大事にしていけるよう気をつけたいところです。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A