アパレル業界の向き・不向き

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

誰でもなれる訳ではない

イメージ

どんな仕事でも向き・不向きがある通り、洋服が好きだからといってアパレル業界に向いているとは限りません。

アパレル業界は芸能人やキャビンアテンダントのように憧れの職業ランキングでも上位に位置しますが、芸能界は甘いものではありませんし、キャビンアテンダントも笑顔で接客だけをしているわけではないのです。

アパレル業界といってもたくさんの職種がありますし、世間のイメージとはほど遠い地味な仕事をこなすこともあります。

未経験でも大丈夫という求人はたくさんありますが、これは誰でもいいというわけではありません。

やる気があるのであれば未経験からでも学べますという意味で、いくら洋服が好きでも実績が伴わなければ続けていくのは難しいでしょう

体力的・精神的にハードな仕事

アパレル業界は体力的にも精神的にもハードな仕事です。

特に店頭スタッフの場合は毎日たくさんの人と触れ合いますので、明るく元気で常に前向きな姿勢が必要でしょう。

そのため嫌なことがあってもきちんと笑顔を保てる人やそのための努力を惜しまない人などがアパレル業界の仕事に向いています。

人とのコミュニケーションが好きで、お客さまにもスタッフ同士の間でも積極的に取り組むタイプは例え未経験者でも評価されます。

また物事を冷静に客観視できることも重要です。

どんなにファッションが好きでもそれを売り上げとして返していくことができなければただの自己満足で終わってしまいますので、失敗を分析して次へのエネルギーに変えていける力があれば最適です。

反対に、初対面の人と話すのは苦手だったり、人前に出るのが苦手なタイプであればアパレル業界は向いていないといえます。

ファッション界で働くのは自分がおしゃれをするためではなく、販売するためにアピールをしなくてはいけませんので、自分から声を掛けることができなければ売り上げにも貢献することができません。

またアパレル業界は閉店後も在庫確認や集計などの残業があることがありますので、定時になったら帰りたいという人にもお勧めできません。

華やかに見える業界ですが、その裏側ではたくさんのスタッフの努力によって支えられているのです。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A