仕事内容を知っておこう

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

アパレル業界に憧れる人は多い

イメージ

女性でファッションが嫌いだという人はなかなかいないでしょう。

どんなに落ち込んでいても、可愛い洋服や自分にピッタリのワンピースやパンツを見つけたら、さっきまでの憂鬱はどこかに吹き飛んでしまいます。

ファッションはそれほど私たちに強い影響力を持ち、お出かけ前の洋服選びが楽しみだという人も多いのではないでしょうか?

新しく洋服を買えば他の色々なアイテムと合わせてみたくなりますし、例えお店で試着するだけでもとても楽しいものです。

こんなに幸せな力を持つアパレル業界で働くことができたらどんなに幸せだろう…今はそんな憧れを持つ女性がたくさんいるのです。

一昔前までは憧れの対象といえば芸能人や歌手・モデルでしたが、読者モデルの登場やカリスマ店員の誕生で手の届きそうな親近感が受け入れられ、自分もそうなりたいという女性が増えています。

トレンドの洋服を着て可愛いものを日替わりで身に付け、大好きなファッション業界にどっぷりと浸かることができるので、オシャレ好きにとっては夢みたいな話かもしれません。

理想と現実のギャップ

しかしアパレル業界に就職する人の中には、夢や理想と現実のギャップに耐えられず、数ヶ月で去ってしまう人も珍しくありません

雑誌の中や店頭だけの姿がアパレルの仕事と思ったら大間違いであり、他の仕事と同じようにきつくて嫌な仕事もしなければいけないのです。

アパレル業界の仕事は自分の勧めた洋服を気に入ってもらえたり、お客さんに喜んでもらえると自分まで嬉しくなることがありますが、あくまでも仕事ですので楽しいことばかりではありません。

アパレル業界に就職したからといっていきなり店頭に立てる保証もなく、倉庫で延々と在庫管理をするところから始まるかもしれないのです。

アパレルはそのブランドの商品が主役ですので、業績を上げるためにはコツコツとした地味な努力が必要です。

大好きなアパレル業界で長く働くためにも、仕事内容をしっかり考慮してから応募するようにしましょう

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A