アパレル業界の仕事・職種記事一覧

仕事内容を知っておこう
ファッションが好きな人なら一度は働いてみたいと憧れるアパレル業界。しかしイメージだけで就職してしまうと、後から理想と現実のギャップに悩まされることになるかもしれません。
アパレル業界の仕事の内側
オシャレな人が多いアパレル業界ですが全員服飾専門学校で専門的な技術を学んできたという訳ではなく、中には未経験からカリスマ店員になる人もいます。
企業に求められる人材とは
アパレル業界で働きたいと希望する人は多いですが、実際に企業側が求める人物像・採用時に企業側が重視するのはどのような点なのでしょうか。
アパレル業界の向き・不向き
他の業界と同じく、アパレル業界にも向き・不向きというものがあります。ではアパレル業界に向いている人・逆にあまり向いていない人とは具体的にどんな人でしょうか。
覚えておきたい販売テクニック
お客様にいかに良い印象を与えるかというのはショップ店員として働く上で大切なポイントです。接客するにあたって覚えておきたい販売のテクニックをご紹介します。
勤務上の注意点
アパレルでの接客は自分から商品を売り込んでいくなど積極的に動く必要がありますが、その際の接客の仕方やリピーターとの関係性など注意すべき点がいくつかあります。
真のコミュニケーション能力とは
接客業においてコミュニケーション能力は大切とよく言われますが、コミュニケーション能力とはただたくさん話せばいいという訳ではありません。
アパレル業界の大変な所
人気のアパレルの仕事ですが、実際に働いてみると肉体的・精神的共にきつい仕事だというのがわかります。アパレル業界で働くにあたって、具体的にどんな所が大変なのでしょうか。
ファッションアドバイザー
ショップ店員と同視されることもありますが、お客様一人一人に合ったコーディネートや商品選びのアドバイスをして、トータルプロデュースするのがファッションアドバイザーの主な仕事です。
アパレルの主な職種
アパレルといえばまずショップ店員が思い浮かぶのではないでしょうか。しかし洋服が店頭に並ぶまでには実にたくさんの工程があり、それに伴いアパレルの職種もたくさんあるのです。
アパレル業界の仕事・職種にはどんなものがある?
アパレル業界の仕事や職種について見ていきます。アパレル業界で働くのであれば、自分がどのような働き方をしたいのか、どういった職種で働きたいか良く考えることが大切です。
商品企画の仕事
アパレルに欠かせない商品企画の仕事。商品企画の仕事とはどのようなことか、またどのようなことが大切なことか見ていきます。
マーチャンダイザーの仕事内容
アパレルで働きたいという方の中には、マーチャンダイザーという言葉を聞いたことがある方もいると思います。マーチャンダイザーとはどのような仕事か見ていきましょう。
バイヤーの仕事で重要なこと
アパレルの仕事の中には外資系ブランドで、海外で買い付けを行う仕事もあります。また、買い付けだけではなく、新しい商品を開発することもバイヤーの仕事です。
商品計画の仕事
シーズンごとの利益を確保し、売り上げの目標を達成するために大切な仕事が商品計画です。今は専用のソフトがあるため、それを利用することで綿密な計画が立てられます。
プレスの仕事について
広報・広告を担当するのがプレスの仕事です。華やかなイメージがありますが、体力勝負の側面もありますし、ブランドイメージを壊さないように発信する大変な仕事です。
商品を作り上げる生産
アパレルに限らず、生産という過程が無ければ、商品を形にすることは出来ませんし、商品を売ることもできません。地道な作業が続く仕事ですが、非常に大切な仕事の一つです。
売り上げに関わる在庫管理
在庫管理は、売り上げのためにも欠かすことのできない仕事です。在庫管理ができていると、当然お客さんを掴むことができますし、出来なければ、お客さんを逃す結果になってしまうのです。
ブランドの顔、販売の仕事
アパレル業界の中で、メインのお仕事と言えばやはり販売です。ブランドの顔ともいえるこの仕事は、非常に求人も多く見つけることができます。アルバイトも多くありますからチェックしましょう。
ブランドをアピールする販売促進
販売促進は、お客さんにブランドをアピールし、店の売り上げが伸びるようにする仕事です。この仕事が楽しいと感じる人も多く、人気があります。
ショップ店員としてアパレルで働く
一見、華やかですが、向き不向きが問われるショップ店員、つまり販売の仕事。ショップ店員として働くには、どのように求人を探したらいいのか見ていきます。
アパレル バイヤー求人
バイヤーの仕事は、一人前になるまでに時間のかかる仕事です。バイヤーになるためには、まず店頭に立ち、様々な経験を積んでいくことが近道になります。