アパレル転職 30代で目指すには

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

アパレルで働けるのは10代~20代だけじゃない

30代でアパレル業界への転職を考えているあなたへ。

アパレル業界は10代後半~20代が多い、というイメージをお持ちかもしれません。

実際、20代を対象にしたブランドの場合、スタッフも同じ年代が多いのではないでしょうか。キッズブランドに関しては、10代後半の店員も多いかもしれません。

しかし20代から働いて30代も働いている方や、30代後半の副店長・店長がいるショップもありますよね。

『アパレル未経験 30代からの転職』というカテゴリからは外れても、上記のようにブランドショップのターゲット層は20代とは限りません。

30代~40代の女性・男性をターゲットにしたブランドもありますし、そのような店舗なら30代も採用されやすいでしょう。

ただしアパレル経験が豊富な人材と比べれば…どうしても未経験は弱くなります。アパレルに限らず、『30代から未経験の業界へ転職すること』のリスクですね。

人事担当者(面接官)としても、同じ30代を選ぶなら、アパレル店員として接客スキル、販売スキルを身に付けている方が採用しやすいはずです。

あなたの職歴にもよりますが、全く畑が異なる職種…たとえば一般企業の事務員として20代を過ごし、30代になってアパレル転職を考えても、採用まで時間が掛かると思います。志望動機で補える部分はありますが、それでも厳しいかもしれませんね。

しかしアパレル店員やファッションアドバイザーに活かせる職歴があれば別です。

30代でもアパレル業界へ転職する

外資系ブランド、ラグジュアリーブランドは接遇スキルを重視しますので、「客室乗務員(CA)の経歴があれば採用されやすい」という情報があるんですよね。

キャビンアテンダント以外でも、接客業や販売業の経験が長ければ、30代でも採用されるケースがありますし、その辺りは実際に転職活動を行って分かることでしょう。

同じ30代でも、前半と後半では印象が変わりますね。38歳、39歳でアパレル未経験求人を探すよりも、30歳、31歳、32歳で探す方が有利でしょう。

また、最初から正社員採用は難しくても、アルバイトや派遣で働いた後、社員へ登用されるケースもありますよ。

私も未経験の業界で派遣社員から働き、契約期間が終了する直前に正社員の誘いがありました。念願の正社員でしたから、二つ返事で受入れて、その後も働き続けましたね。

「アパレル業界はバイトから社員になりやすい」と言われますし、中には試用期間を長め(4ヵ月~6ヵ月など)に設定している会社もあります。

また、紹介予定派遣は正社員前提なので、あなたの経歴・職歴によっては、チャンスがあるでしょう。

アパレル転職サイト・人材紹介会社を利用することで、

の求人紹介を受けられる確率がアップしますし、アパレル求人の多くが転職サイトに集まっていますから、気軽に利用してみて下さいね。(無料で登録できます)

30代向けアパレル本社の求人ってどう?

今までお話しした内容は『ショップ店員』の求人ですね。30代のあなたは、ショップ店員ではなく、本社採用を考えているかもしれませんが、その場合も基本は変わりません。

「関連した職歴があり、スキルを身に付けていれば、30代でも採用されやすい」と言えますよ。

たとえばアパレル本社の仕事として、広報・プレスがありますが、別な業界で経験していれば、30代でも採用されやすいでしょう。逆に言うと「広報の経験が全くない方」は、20代でも難しいはずです。

他にもアパレル本社の仕事として、

がありますが、同じように経験している方が有利です。

それは営業職も同じですね。営業の経験が長ければ、アパレル本社の営業求人に採用される確率が高くなりますし、営業経験が全くなければ厳しいと思われます。

そのため、アパレル店員以上に、職歴が大切なのが本社求人ではないでしょうか。

アパレル転職サイトによっては本社求人を扱っていますので、在籍しているアドバイザーに相談すると良いですね。

「30代で業界未経験ですが、正社員として採用される可能性はありますか?」とストレートに聞けますし、採用のチャンスがあれば、アドバイザーが積極的に動いてくれますよ。

異業種・異業界のスキルは大切ですが、それが全てではありません。最終的には、「どのくらい熱意を持ってアパレル業界を目指しているのか?」が重要ですし、前向きに転職活動を続ければ、「あなたを採用したい」と言ってもらえるアパレル企業に出合えることでしょう。

ぜひ前向きに、そして積極的に、アパレル募集を探して下さいね。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A