テキスタイルデザイナー求人を探すには?

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

テキスタイルデザイナーの募集を見つけたい

布地・織物(ファブリック)をデザインするテキスタイルデザイナー求人に関する情報です。

テキスタイルデザイナーは染色全般の専門家であり、染織家とも呼ばれますが、アパレル企業によって役割が変わります。

基本的には素材を活かして最新トレンドを取り込み、ファッションに適応させる仕事です。しかしテキスタイルの用途によって、ファッションデザイナーに近い場合とインテリアデザイナーに近い場合がありますね。

そのため、事前にアパレル紹介会社へ無料登録を行い、テキスタイルデザイナー求人の情報収集を行うと良いでしょう。

サポート体制が充実している紹介会社なら、転職アドバイザーに相談できますので、その際にテキスタイルデザイナーの仕事内容、求人動向、適性などを聞くと良いですね。

実際に公開求人を検索してみても、テキスタイルデザイナー求人は多くありません。

転職サイトによっては全国で数件のケースもありますし、ファッションデザイナー、服飾雑貨デザイナーと同じカテゴリーで募集されていることもありますね。

デザイナーやパタンナーの仕事と共にテキスタイルデザイナーとして働くケースもありますので、幅広く求人を探す方がスムーズに転職できるのではないでしょうか。

また、洋服以外にアクセサリー、婦人靴、傘、キッズ雑貨などのデザイン制作求人も見られましたので、どうしてもアパレル業界で見つからない場合は、そのような案件を視野に入れても良いでしょう。

もちろん、まずはアパレル企業の中途採用を狙って、積極的にテキスタイルデザイナー求人を探して下さいね。

働いている方の感想

テキスタイルデザイナーは正社員の募集が大半で、アルバイト求人は見つけづらい状況です。店舗スタッフではなく、本社で働くことになりますから、正社員採用が前提なんですよね。

しかしアパレル派遣なら、テキスタイルデザイナー(補助業務)の仕事紹介を受けられることもあるようです。その辺りは実際にアパレル紹介会社、派遣会社へ登録して確認して下さいね。

現在テキスタイルデザイナーとして働いていたり、過去に働いていた方の感想を見ると、仕事のやり甲斐として、

・自分が作ったものが店頭に並ぶ
・商品を世の中に出せる喜び
・売上に反映される楽しさ
・お店や街中で商品を見た時の充実感

を挙げる方が多かったですね。

逆にデメリットとしては「独立して生計を立てるのは難しい」「売上に貢献しても給料アップしづらい」「会社と方向性が合わないことがある」などが見られました。

どのような職種にもメリット、デメリットはありますし、勤務先によって働きやすさも異なりますので、まずはテキスタイルデザイナー求人を探し続けて下さいね。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A