アパレルブランドへの就活

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

まずは目指す職種を考えましょう

アパレルブランドへの就活ですが、目指す職種や立場によって変わりますね

本社の企画職、営業職、MDやVMDを目指すのか、もしくはアパレル販売員を目指すかによって就活方法が変わりますし、あなたの年齢、学歴、経験によっても違いが生じます。

まずアパレル本社勤務を目指すなら、新卒での就活が基本になりますね。

中途採用で転職を考える場合も、すでに本社勤務の経験がある方が、他のアパレルブランドへ転職するケースが大半です。

本社勤務が未経験でも中途採用の可能性がないわけではありませんが、その場合は(たとえ異業種でも)正社員としてスキルを身に付けている方が有利でしょう。

ショップ店員から本社勤務を目指す場合は、同じアパレルブランドでの異動を検討したり、未経験可の本社求人を探して応募すると良いですね。

ショップ店員の求人と中途採用

次にショップ店員として正社員を目指すなら、アパレル販売員の経験が役立ちますよ。アルバイトや派遣でも働いた経験があれば、正社員応募しやすいのではないでしょうか。

ハイブランド、ラグジュアリーブランドよりも、ファストファッション、セレクトショップのようなカジュアル系ブランドの方が採用されやすい傾向にありますね。

その辺りの詳細に関しては、アパレル紹介会社のアドバイザーに聞いてみて下さい。

あなたの年齢、経歴、スキルによって応募できる正社員求人も変わりますし、自分では「正社員は厳しいかな…」と思っていても、早期採用される可能性もありますからね。

全て1人で就活を進めようと思っても、どうしても情報収集に限界がありますし、アルバイトや派遣の仕事探しと正社員は大きく異なります。

履歴書の書き方に関しても、志望動機をしっかり練る必要があったり、上手な自己PRを考える方が有利ですし、面接も同様ですね。

アパレル本社の面接(企画や営業職)はスーツが基本ですが、ショップ店員の場合は、そのブランドに合わせた洋服を選択する必要があるかもしれません。

そのような情報をインターネットだけで調べるのはリスクが高いですし、アパレル業界に詳しいプロのアドバイザーと相談しながら、就活を進めてみて下さい。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A