セレクトショップ店員の求人探し

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

セレクトショップ店員として経験を積む

複数のブランドから、バイヤーが独自のコンセプトで商品を選び、陳列、販売を行っているのがセレクトショップですね。

そもそもブランドとは、デザイナー1名、もしくは複数体制の会社を言います。シャネルやルイ・ヴィトン、グッチ、エルメスなどがそうですね。

それに対してセレクトショップは、単一のブランドを自社で提供するのではなく、幾つかのブランドを取り扱っています。それゆえ【セレクト(選ぶ)】という文字が入るんですよね。

オーナーやバイヤーのセンス、コンセプトで成り立っていますので、まだ知られていないブランド商品が手に入ったり、新進デザイナーの洋服が陳列されているケースもあります。

ショップ店員として「ラグジュアリーブランドを目指す」という選択肢もありますが、セレクトショップで店員として働くことで、ハイブランドでは得られない経験、スキルを身に付けられるのではないでしょうか。

たとえば、セレクトショップは独自のセンスで商品が並んでいますから、ファッションへの造詣が深くなったり、別な角度から洋服を見ることも出来るでしょう。

お客さんに関しても、有名ブランドよりも幅広い層が訪れる可能性がありますので、接客力・販売力も鍛えられるのではないでしょうか。

もちろんセレクトショップも各店舗、企業によって特色が異なります

大手のセレクトショップもあれば、あまり知られていないセレクトショップもありますし、その辺りはあなたの希望条件によっても選択肢が変わってきますね。

たとえば大手としては…

・ビームス
・ユナイテッド・アローズ
・バーニーズ・ニューヨーク
・シップス
・エディフィス
・ナノユニバース

などがあります。

他にも独自のテイストを持ったお店として

・カンナビス
・キャンディ

といったセレクトショップもありますね。

セレクトショップの年収と転職

実際にセレクトショップ店員の求人を調べてみましたが、ショップが多い東京を中心に、多数の募集が見られますね。

アルバイト、派遣で時給1,500円の案件も見られましたし、正社員で年収350万円の求人もありました。

セレクトショップに限らず、アパレル店員は洋服への投資が必要と言われていますので、投資した金額を回収するには将来的に店長を目指したり、販売力を伸ばしてヘッドハンティングされるくらい結果を出すことが大切ですね。

そう考えると、キャリアパスがしっかりしている会社がベストではないでしょうか。

その時々のセレクトショップ求人にもよりますが「まずは大手を目指す」という選択肢も良いかもしれません。大手セレクトショップの方が、福利厚生やキャリアパスが充実している傾向にあるようです。

もちろん、転職・就職の基準は人それぞれですから、アパレル派遣会社(紹介会社)の担当者に相談してみて下さい。あなたの希望条件に近い求人案件を探してもらえますよ。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A