ディストリビューターの求人探し

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

アパレル企業に大切なディストリビューター

ディストリビューターは各店舗の計数や特徴を把握した上で、バイヤーやマーチャンダイザーが調達した商品を効率よく配分します。

各店舗ごとに品揃えの最適化を考え、売上の最大化を考慮する必要がありますので、アパレル企業にとって、非常に大切なポジションと言えるでしょう。

ディストリビューターによって売上が左右されますし、情報分析力、決断力、プランニングスキルをはじめ、応用力や細かい計算、分析力が必要になりますね。

その根底には「各店舗を訪れる消費者ニーズへの対応」があります。

独りよがりな思い込みを捨てた上で、数字に基づいた計画を立てる必要がありますし、常に改善し続ける努力も大切になるでしょう。

具体的な仕事内容としては、

・店舗向けの商品発注
・倉庫向けの商品売価変更指示
・店舗間の商品振替指示
・チラシチェック準備
・商品在庫の移動指示
・商品入庫の確認

などがありますね。

各アパレル会社によって仕事内容に違いは見られますが、基本的に店舗ごとの売上規模、仕入れ高、商品回転率や在庫状況を把握した上で、発注や売価変更、商品振替の指示を行うことになりますね。

そのため、アパレル店舗の現場経験(商品発注経験)が重視されやすいですし、ある程度のPCスキルも大切になるようです。特にエクセル中級程度、VLook程度ができると自己PRしやすいですね。

ディストリビューターの仕事探しのポイント

年収、給与もアパレル企業によって異なりますが、年収300万~400万が平均相場と言われています。

アパレル販売員よりも高給与を得やすいですが、就職のハードルは高くなりますので、スキルとキャリア重視の仕事ではないでしょうか。

大学や短大、専門学校で学んだ後、アパレル本社へ就職し、経験を積んでディストリビューターのポジションに就く、というのが基本的な流れのようです。

しかしアパレル人材紹介の求人の中に、中途採用の募集も見られますので、まずは無料登録からはじめると良いですね。

ディストリビューターの仕事が未経験でも、アパレル業界の経験があり、求められるスキルを備えていれば就職できる可能性もありますよ。

仕事探しは、実際に行動することが大切です。

情熱を持って行動し続けることにより、少しずつ希望に近付くのではないでしょうか。

もし今の知識と経験で難しい場合は、ディストリビューターに近い仕事を目指したり、契約社員や派遣社員を狙っても良いですね。

アパレル紹介会社へ登録すれば担当者に相談できますので、悩みや不安を解消して下さい。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A