ファッションディレクターの仕事

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

自社ブランドの社内コンサルタント的な役割を担う

ファッションディレクターは店舗設計や企画制作など、自社ブランドのビジネス的な成功に関わる仕事です。

そのためトータルプロデュースのスキルが必要になりますし、幅広い視点でブランド業界を考えられるかどうかが大切になりますね。

店舗設計では商品選定やコーディネートをはじめ、マーケティングや企画宣伝も担います。企画制作では新規ブランドの展開方法、既存ブランドの売上アップなど、事業戦略のコアに携わりますね。

店舗設計をショップディレクター、企画立案をブランドディレクターと分けているアパレル企業もありますが、基本的に一人で担当することが多いでしょう。

特に企画立案(ブランドディレクター)の仕事に携わるには、幅広い知識と経験が必要になります。事業戦略を立てるためにトレンド分析やデザインディレクション、販売促進や生産スケジュールを把握する必要がありますし、競合他社の情報や最新のマーケティング、広告制作のスキルも大切になりますね。

アパレル業界は季節によって展開方法が変わりますし、最新のトレンドに敏感になる必要があります。競合ブランドが今春どのようなアイテムを揃え、どのような売り方を考えているのか、秋物、冬物はどうかなど、情報収集力と分析力に長けることが重要です。

企業の業績アップを指導する職種に経営コンサルタントがありますが、ある種、社内コンサルタント的な立場として、自社ブランドの売上増進、事業拡大に関わるのがファッションディレクターです。

それゆえに必要とされるスキルもレベルが高いですね。特別な資格は不要ですが、ファッションに関する幅広い知識はもちろん、社会事情や経済、文化に至るまで様々な知識が求められますし、先天的なセンスも大切です。

ファッションディレクターになるには

アパレル販売員からステップアップするよりも、大学や専門学校などで専門的にファッションを勉強してアパレル本社へ就職し、経験を積んでファッションディレクターに就任する、という流れが一般的ではないでしょうか。

もしショップ店員から目指す場合は、まずアパレル本社へ異動、もしくは転職してキャリアを重ねると良いですね。それでも確実に就ける仕事ではありませんが、最初から目標を持ち、コツコツ努力を積み重ねれば現実化していきますよ。

そのアパレル企業でファッションディレクターが難しくても、経験を積めば転職を視野に入れられるでしょう。求人自体、さほど多い仕事ではありませんが、アパレル求人サイトを利用して長期的に探してみて下さい。

アパレル業界全体の中で、最も専門的なスキルとキャリアが必要な職種の一つと言えますが、最近はフリーランスで独立して活躍するファッションディレクターも増えていますね。

実力次第で独立も可能、高年収を狙える仕事がファッションディレクターと言えますね。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A