アパレル転職で、年齢は関係ある?

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

年齢でアパレル転職が不採用になる事、ある?

アパレル業界でキャリアを既に積まれている方も、これから異業種から好きなブランドのアパレルショップ店員など転職をしたいと希望されている未経験の方も、転職にあたってはご自身の今の年齢が気になる方も多いのではないでしょうか。

一般的には若くないとアパレル転職は難しい、というイメージがあるように思いますが、実際にはどうなのでしょうか。

年齢によって不採用になる事はあるのでしょうか?
実際には、年齢によって不採用になる事もあります。

それは企業が採用したいと考えている人材像よりも、明らかに年齢が上の場合です。企業側としては、企業内の年齢構成比も考えている場合が多いです。それに合わなければ、素晴らしい実績を持っていても採用を見送ることが多いです。

そしてアパレル業界においても年齢によって求められる役割は変わってきます。これは他の業界、職種も同様ですね。

20代はまだまだ仕事を覚える時期、ということで素直に一生懸命仕事をしてアパレル業界での自分の仕事の基礎を固める時期となります。販売スタッフであれば接客や提案力、コミュニケーションを鍛える年代といっても良いでしょうか。

早い方は20代で正社員、店長などへとステップアップされる方もいますよね。総合職や専門職であれば、就かれている仕事それぞれで求められる基礎的スキルを身に付けていく時期となります。

20代はまだ未経験からの異業種転職も可能性はありますよね。業界研究、ブランド研究をしっかり行ってから面接に臨むと良いですね。そのブランドのテイスト、ターゲット層は確実に抑えておく必要はあるでしょう。

「服が好き、このブランドが好きだから働きたい」というのは応募の前提で、そこから他の求人への応募者と差を付けるには、笑顔や応対の良さであったり企業研究であったりします。

30代はそろそろ自分の役割も固まって来る時期です。30歳を機に、転職を考える方も多いと思います。アパレル業界を辞めて、他の仕事に転職をされる方も実際少なくありません。店長からさらに上を目指して頑張る方も多いでしょう。

今は複数の店舗の店長を兼任する場合も多いと言いますから、今後はますます店舗管理、運営の経験、能力を持つ方は優遇されていくかも知れません。

実際、30代のアパレル求人となると、店長・店長候補での求人募集が一気に増えてきます。

ブランドごとにターゲットとなる年齢層がある

もちろん、年代で求められる役割の他に、そのブランドがターゲットとする顧客層も考える必要があるでしょう。20代、30代、40代、50代とそれぞれをターゲットにしているアパレル企業、ブランドがあります。

特に販売職に就かれている方は、年齢と共に自分が今のブランドから合わなくなってきていると感じたり、好みのテイストが変わってきていると感じる事もあるでしょう。そうした場合には、年齢や自分の志向にあったブランドへの転職も考えるべきタイミングに来ているかもしれませんね。

基本的には販売職の方は、ずっと販売です。特に本社へ向けてアピールをしなければ、抜擢はあり得ないでしょう。

資格を取ったり、希望の専門職の勉強をしたり。当然、勉強している事は上司や本社へアピールしていく必要もありますね。

特にプレスへの異動を希望される方が多いと思いますが、数名です。新卒や他の企業でプレスとして経験を積んだ方の中途採用の方が入ることの方が多いのではないでしょうか。

それであれば転職をきっかけとして、希望の職種、総合職へ転職を目指した方が良いかもしれません。

そういったこれからの自分のキャリア、希望職への転職なども含めたアパレル転職に関しての悩みは、人材紹介会社へ相談する事が出来ます。

今まで多くの方のアパレル転職をサポートしてきた実績から、近い転職事例などもあるかもしれません。

転職を決めている方も、迷っている方も、一度アパレル転職サイトを利用して相談してみると良いかもしれません。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A