外資系アパレルブランドへ就職したい

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

二極化している外資系アパレルブランド

アパレルブランドといっても外資系アパレルブランド、国内資本のアパレルブランドとありますが、ハイブランド(ラグジュアリーブランド)が多い外資系アパレルブランドへ就職されることを希望する方も多いと思います。

外資系アパレルブランドも2極化していますが、

と分けて考える事が出来ると思います。

ファストファッション系

最新のトレンドファッションを手頃な価格で購入できる、ファストファッション系の外資系ブランドとしては、

  • GAP
  • ZARA
  • H&M
  • チャールズ&キース
  • MONKI(モンキ)
  • フォーエバー21

などがあります。

ハイブランド系
  • グッチ
  • コーチ
  • ルイ・ヴィトン
  • ティファニー
  • プラダ

といったブランドがあります。

さらに詳しくは、「外資系ブランド販売職に強い派遣会社」に掲載していますので、合わせてご覧になってみてください。

ハイブランドへの就職は狭き門

これから就職を目指す方が外資系アパレルブランドで働くにあたって気をつけたいのが、キャリアチェンジが難しいと言われること。

例えば、日本のアパレルブランドでは販売職から店長を経験し、マーチャンダイザーやプレスなどへキャリアアップしていく事も多いといえますが、外資系アパレルブランドでは、こうしたキャリアチェンジは難しいと言えます。販売スタッフはずっと販売スタッフの枠の中でキャリアアップしていく事になります。

また、ハイブランドへ就職したいという方がやはり多いと思いますが、非常に狭き門となっています。

実際、ハイブランドに就職されている方の多くは他の業界で経験を積んできているか、他ブランドで販売を経験しているなどして、徐々にステップアップして転職するケースが多いです。

新卒で就職、というのは非常に狭き門(既卒も同様ですが・・・)となっています。実務経験と実績が求められる事が多く、英語力も必要となります。特に店長、マネージャークラスでは本社へ報告する必要もありますから、TOEICスコアが必要となる場合もあります。

アパレル ハイブランド求人の取り扱いのある紹介会社としては、以下のアパレル業界の正社員転職に強い人材紹介会社がおすすめです。

ハイブランドへの転職に興味のある方、実際に求人を探したい方は、こうしたアパレル求人に特化した人材紹介会社を活用してみてください。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A