こまめにショップに通ってみる

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

店員さんに顔を覚えてもらおう

イメージ

特定のブランドのショップで何回も買い物をすると、店員さんも顔や名前を覚えてくれてより買い物がしやすくなります。

自分の好みを分かってくれているので、勧められるものも的を得ていることが多いですし、何より顧客として優遇されることもでてきます。

例えば顧客優待セールへの招待だったり、新作の入荷もいち早く知らせてくれますので、好きなブランドの洋服を更に購入しやすくなるでしょう。

また購入実績がありますので信頼も得やすく、通常よりも長い期間で取り置きに応じてくれるところもあります。

ショップ店員の中には、かつては客として店舗に通っていて、そこで働き始める人が少なくありません

店員さんと仲良くなればショッピングも楽しくなりますし、自分では気づかなかった魅力も更に引き出してもらうことができるのです。

また最新商品の中から「好きそうだと思って」と優先的に紹介されたり様々なコーディネートの提案もしてくれますので、ショッピングを楽しみながらそのブランドに詳しくなることができます。

全くの未経験者が特定のブランドショップで働く場合は、まず商品の知識を覚えることから始まりますので、事前に覚えておけば学習する手間も省け、自身がセールストークをする際にも役立ってくるでしょう。

そのブランドのファンであることをアピール!

ショップスタッフの求人は一般の求人誌や求人サイトに掲載されることもありますが、店頭で募集することも少なくありません。

もし以前からそのブランドで働きたい意思をさりげなく伝えておけば、向こうから声がかかる可能性もあるのです

このためには、自分がお客さんの立場であっても売り場全員の人と仲良くしておくことが大切で、店長や管理職の人と親しくしていれば更にそのチャンスを手に入れやすくなります。

ショップはそのブランドの洋服が好きであることが雇用の絶対条件ですので、元々通っていたお客さんなら申し分はありません。

口頭だけでなく毎回ショップに遊びに行くときには、そのブランドの洋服だけを身に着けてファンであることを日頃からアピールしておくといいでしょう。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A