ブランドイメージに合うための努力を

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

コーディネートの見本となるショップ店員

イメージ

大好きなショップに足を運ぶと、そのブランドの服を上手く着こなしているショップ店員さんが迎えてくれます。

それぞれのコーディネートはとてもおしゃれで、思わず同じものを買ってしまったことがあるという人も多いのではないでしょうか。

店員さんは、どんなにシンプルなアイテムでもコーディネート次第で全く違う雰囲気に見せるのが得意なので、とても参考になります。

ショップ店員さんというとそのブランドの洋服が何でも似合うイメージがありますが、元々そうだった人は少数派で、実は色んな研究と努力から生まれた結果なのです。

ファッションのブランドは今や数え切れないほどたくさんあり、そのテイストも異なります。

女性ファッションでいうと綺麗系、上品系、カジュアル系、ギャル系、ナチュラル系、個性派系、シスター系などがあり、流行を強く意識したものから独自のスタイルを貫いているところまで様々であり、ヘアメイクも含めたトータルコーディネートが必須です。

憧れの存在になれるよう自分磨きを

明るい髪の色はギャル系の洋服にマッチしますし、フレンチネイルやダークな色のストレートヘアは上品系のファッションにピッタリです。

それぞれのブランドで働いている人を見てみると、各テイストにぴったりのヘアメイクをしており、ブランドごとの世界観を更に引き立てています。

つまり好きなブランドで働きたいときには、洋服だけでなく洋服を引き立たせる別の要素を磨いていく必要があるといえるでしょう。

過度なダイエットは禁物ですが、洋服を綺麗に着こなすためにはある程度の体のシェイプも必要です。

私たちはファッション雑誌に登場しているモデルを見て、自分もこうなりたいという願望から洋服が欲しくなりますが、カットソーがはきちれそうにムチムチだったり、スキニーパンツのボタンがちぎれてしまいそうな写真では購買意欲も湧かないでしょう。

ブランドで働く人たちには、お客さまから自分もこんな着こなしがしたいと思われるような憧れの存在になることも求められていますので、その洋服やコーディネートをいかに魅力的に見せられるかどうかが鍵となってきます。

そのためファッション雑誌や流行の流れを常にチェックし、自分磨きを怠らないようにしましょう。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A