アパレル総合職とは

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

アパレルバイトのほとんどは販売の仕事

アパレル業界の仕事と一言でいっても、アパレル販売員、デザイナー、プレス、マーチャンダイザーなど様々な職種があります。

この中でアパレルの仕事として一番最初に思い浮かぶのは、販売の仕事ではないでしょうか?

「アパレルでバイトしたい」「派遣で働きたい」と希望する方のほとんどは、このショップ店員として働く販売職の事を指していると思います。

一般の求人誌などを見てみても、アパレル関連で見掛けるのは大半が販売の仕事ですね。

ショップ店員の仕事であれば職場は全国のデパート・商業施設にありますから、東京・大阪はもちろん名古屋・神戸・仙台・福岡・札幌などでも多数募集しています。

しかし大手アパレル企業では販売職・専門職・総合職と分けて募集をかけている事が多く、新卒採用情報を見てみると販売職と総合職では募集人数や待遇に違いがあります。

この総合職とは具体的にどんなものなのでしょうか。

アパレルの総合職について

アパレル企業の総合職というと、主に営業、企画、生産管理、宣伝・広報、経理などの仕事が挙げられます。

企業の規模によって販売職・総合職と分けて募集する事もあれば、販売も一緒の枠にして募集している事もあります。

また会社によっては販売からスタートし、能力によって将来的に本社勤務へとステップアップしていくこともあります。

アパレルといっても総合職の場合は、就職活動に関しては基本的に一般の企業と同じと考えていいでしょう。

販売の場合は高卒以上や学歴不問という事も多いですが、総合職では大卒か短大・専門卒の採用が基本です。

採用人数も販売職より少ないので、販売職に比べて狭き門と言えるでしょう。

アパレル 総合職として転職するには

アパレル企業の総合職として求人探しをされている方の中には、販売職からのステップアップとして本社勤務、総合職への転職を目指している方もいらっしゃるでしょうし、他の企業で総合職として働いていて、今回何らかの事情により転職を希望されている方もいらっしゃるかと思います。

総合職と言っても様々な仕事内容、役職があります。

どういった仕事、職種を目指すか。

アパレル求人として総合職が掲載される事もありますが、中途採用の場合にはいずれも求人数は少ないです。
1名、2名といった若干名の採用枠を巡って、高い倍率となる事が多いです。

そうした状況の中、応募書類の選考、一次面接、役印面接などを突破して行くには、これまで培ってきた知識、経験を棚卸しし、しっかりとまとめ対策・準備をしていく事が重要です。

しっかりと準備を行って、総合職への転職活動を進めて行きたいですね。

アパレル企業の総合職を目指しての転職に関してのアドバイスも、以下でご紹介しているアパレル人材紹介会社を活用する事で求める事は可能です。

スキルが足りない、十分チャンスはあると思います、など第三者の客観的なアドバイスを参考にすることもお勧めです。

アパレル総合職の求人をお探しなら、正社員求人に強く、アパレル専門職の求人も多く見つかる以下のアパレル転職サイトがオススメです。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A