アパレル販売員の仕事内容

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

アパレル販売の仕事は誰でも出来る?

大好きなファッションアイテムに囲まれて仕事ができるアパレル販売員になりたいという人は少なくありません。

そのブランドやショップが大好きなら誰でもできそうなアパレル販売員ですが、どのような仕事内容なのでしょうか?アパレル販売員になりたい人はぜひ知っておきたいですね。

アパレル販売員の仕事は、店舗において商品を魅力的にディスプレイしたり、やってくるお客様にブランドや店の雰囲気をアピールするのがお仕事。

そのため、店員の服もそのショップの雰囲気やイメージに合った服装で働くことが前提となっています。

季節に合わせて商品を並べ替えたり、売りたい商品をよく見える所に並べるなど、ディスプレイのスキルによってその店の売り上げも大きく変わるようです。

売上をアップさせるのも販売員の重要な役割

利用客からの相談や質問に答えるのも、アパレル販売員のお仕事。そのブランドやショップの流行を知り尽くしている販売員だからこそ、お客様に適切なアドバイスができるのではないでしょうか。

お客様に似合いそうな色やデザインを勧めたりするのもアパレル販売員のお仕事です。

利用者が欲しいものを会計する時のサポートだけではなく、自分から店の売り上げに貢献する販売姿勢も必要となります。

どんな仕事内容でも、アパレル販売員に求められるのはコミュニケーションスキル。黙々とディスプレイ作業をするというわけではなく、顧客対応をしながら商品の入れ替えをしたり、ディスプレイをすることも少なくありません。

初対面の人とすぐに親しくコミュニケーションできる能力があると働きやすいかもしれませんね。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A