アパレル業界、年収を上げるには?

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

今よりも高い年収で働く方法

アパレル業界で働いていて、ふと気になるのが年収ではないでしょうか?

ショップ販売員になる前に予想していた年収よりも低い、ファッションが好き、洋服が好きで働いているけれど、どうも自分の年収は低すぎる気がする…そのような悩みを抱えている方も多いですよ。

アパレル業界自体、他の業界と比較して年収が高いとは言えません。正社員でも月給17万~20万円と言われていますし、東京や大阪のような都市部以外なら、もっと給与は低くなると思います。

中には、アパレルの仕事だけで生活できないからダブルワークをしている、昼と夜の仕事を掛け持ちして生活している方もいますね。

一般的なアパレル店員の平均年収は300万円~400万円と言われていますが、年収200万円台もいれば、それ以下で働いている場合もあるでしょう。

年収を上げる方法として、店長やエリアマネージャーへ昇進したり、商品企画やバイヤーなど本社勤務に異動する方法があります。しかしアルバイトからアパレル業界に入り、ステップアップして正社員になり、その後副店長を経て店長に昇進するまで時間が掛かります。

また、本社勤務に関しては、ブランドによって扱いが異なりますね。アパレル販売員から本社へ異動できるケースもありますが、決して多くはないでしょう。

そう考えると、年収を上げる現実的な方法は「転職」になりますが、まずは自分に合った求人数や上限年収を知ることから初めて下さい。

以下のMIIDASを利用することで、今のあなたの市場価値が無料で分かります。一問一答形式の質問に答えるだけで簡単に診断できますね。

自分の市場価値・年収が分かる【MIIDAS】

転職すべきタイミングを教えてくれます

MIIDASを利用すれば今のあなたを求めている企業が分かりますし、今以上の高年収で転職できる道が開かれるかもしれません。

ただし採用ニーズが高い時期があれば、低い時期もあるんですよね

もし現在、採用ニーズが低くても、MIIDASは求人企業にあなたの価値(キャリア)を売り込み続けてくれますので、実際にあなたの市場価値が上がった時(あなたのスキルへのニーズが高まった時)に、転職すべきタイミングを正確に教えてくれます。

他のアパレル企業から評価されるかもしれませんし、もしかするとアパレル業界以外から注目されるかもしれませんね。

選択肢は一つではありませんので、色々な可能性にトライしてみて下さい。その手段としてMIIDASは活用できると思います。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A