アパレル業界の仕事って厳しいの?

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

アパレル販売員のツラいところ

アパレル業界の仕事って厳しいのでしょうか。

洋服が好き、ファッションが好きでも、それだけでは厳しいという話は聞きますよね。

実際にアパレル業界で働く販売員さんの感想の中には、

などネガティブな意見も見られます。

他にも、ショップ店員から本社勤務への異動が難しい・・・という感想もありました。

友人のショップ店員に話を聞いても、給料に不満を持っていましたね。地方によっては最低賃金に近い時給で働くことになりますし、それでも自費で自社ブランドの洋服を購入したり、ファッション雑誌を複数買い込んで研究したり・・・正社員でも経済的に厳しいことがあるようです。

もちろん収入はショップやブランドによって異なりますし、まずはファストファッションなどで経験を積んで、その後にラグジュアリーブランド、ハイブランドへ転職すれば給与アップも現実的かもしれません。

また職場によっては、早期に副店長、店長にステップアップ出来たり、その後に本社から誘われることもあるでしょう。ショップ販売員としてスキルとキャリアを重ねた後、他のブランドの本社求人を探すという方法もありますね。

そのため、最初は年収が低くても、実績と共に昇給や転職による収入アップが狙える業界と言えるでしょう。

アパレル業界の体力的、精神的な厳しさ

次に体力的な辛さですが、

という感想を持っている方がいます。

その辺りはショップによっても違いますが、体力的にハードな仕事ではありますね。

しかし最初は就業後にグッタリしていても、3日、4日と経つ内に慣れていきますし、1週間、2週間と過ぎる頃には、体力的なきつさも感じないかもしれません。特に10代後半~20代で年齢的に若く、健康に自信があれば、充分に対応できるのではないでしょうか。

精神的な辛さも同じですね。接客業、販売業なのでコミュニケーションが大切ですが、接客未経験でも、お客様に声をかける内に仕事に慣れていきますよ。

私も接客の仕事をしていましたが、初めはぎこちなくても、少しずつ自分から声をかけられるようになりましたし、元々ファッションやコーディネートに興味があると思いますので、お客さんからの質問にも自信を持って答えられるのではないでしょうか。

そのショップで扱っているブランドに詳しくなる必要はありますが、その辺りは楽しんで覚えられると思います。

最後に、アパレル業界で長年働くと他業種への転職が難しくなると言われています。

これはアパレル業界に限りません。IT業界が長ければ建設業界への転職は難しいですし、逆に建設業界が長ければIT業界は難しくなるでしょう。

職種で考えても、経理の仕事が長ければ、営業への転職は厳しくなるかもしれません。そう記すとマイナスに思われるかもしれませんが、一つの業界に特化して知識と経験を積む方が、その後の転職に有利なこともありますよ。

アパレル業界でキャリアを積むことにより、さらに好条件の職場で働けたり、年収アップに繋がる求人が見つかることもありますので、決してマイナス面ばかりではないんですよね。

確かにアパレル業界は厳しい、洋服が好きなだけでは勤まらない仕事かもしれませんが、どのような仕事にもメリット、デメリットはありますから、働くことでプラスになる部分に積極的に目を向けると良いでしょう。

面談型のアパレル求人サイトを利用することでアドバイザーに相談できますので、アパレル業界の不安についても聞いてみて下さいね。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A