オススメの資格

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

アパレルは資格が必要か

イメージ

アパレル業界で働くために必要なのは、洋服が好きという強い気持ちとコミュニケーションスキルですので、必ずしも必要な資格というものはありません。

実際、アパレル業界は経験がものを言う世界ですから、弁護士や医者のように資格を取ってから働き始めるという業種ではないのですね。

もちろんデザイナーやパタンナーともなれば高度な専門スキルが不可欠ですが、販売スタッフの場合は特に資格がなくても働くことができます。

アパレル業界の資格というものは、あれば転職や就職に有利になる事もありますが、他の業種や職種と違い、資格は必須ではありません

しかし全くの未経験の場合は、採用側もあなたのことをよく分からない状態ですので、何かしらの資格を持っていれば評価されることは間違いないでしょう。

そうした情報も含めて、派遣会社や人材紹介会社から転職についての情報を得るのもおすすめです。

他にもどんな資格があるのかといった事や、実際は資格はどのように評価されるのか、といった情報も聞くことが出来るでしょう。

アパレル業界の求人を紹介してくれる派遣会社、紹介会社をこちらでご紹介しています。

⇒ おすすめアパレル業界転職サイト

販売士検定・色彩検定・カラーコーディネーター検定

アパレル業界に関わる資格は、有名なものに販売士があります。

販売士は日本で唯一の公的資格として定められています。

接客の基礎知識や商品に関する専門知識、店舗の経営能力や管理能力など販売スタッフとしての幅広い知識を網羅したもので、企業の中には採用や昇進の基準資格としているところもあります。

販売士は1~3級まで設定されており、5年で更新となっています。

全く知識のないところからスタートするよりはこの資格や知識があったほうが断然有利なものとなります。

ですので、アパレル業界に携わる人材のノウハウとして覚えておきたいものの一つです。

その他には色彩検定カラーコーディネーター検定があります。

色に関する知識はあらゆる業種で必要とされており、販売スタッフだけでなく企画段階のスタッフにも大いに役立つ資格です。

色の組み合わせや各色の持つ効果など色彩の豊富な知識を学び、アドバイスや指導ができるとコーディネートをする際にも、大きな武器として利用することができます。

特にカラーコーディネーター検定の1級ともなると、ファッション色彩というファッションに特化したジャンルが用意されていますから、より専門的な知識を得ることができるのです。

色はその人の雰囲気や印象をがらりと変えてしまう特性を持っていますので、アパレル業界でも大いに歓迎されている資格となっています。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A