未経験からアパレルに転職するには

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

職種・雇用条件をしっかり確認しよう

イメージ

アパレル業界に就職を希望する人は多く、異業種に就いた人でもアパレルの夢を捨てきれずに転職するケースがあります。

ファッションはいつでも私たちを楽しい気持ちにさせてくれますし、可愛いものに囲まれていればそれだけで楽しい毎日を送ることができるでしょう。

しかしアパレル業界といってもたくさんの職種があり、それらの一つ一つの仕事内容をきちんと理解する必要があります。

一般的に未経験でも採用されやすいのは販売スタッフですが、ブランドや場所によっては経験者のみしか雇用しない場合もあります。

未経験でも可能としているところはほとんどが20代前半の女性の募集ですので、職種と雇用条件をしっかり確認する必要があります。

販売スタッフの中にはなんとなくアパレル業界に入り、その中でこの世界ならではの面白さを見つけて店長、幹部と昇格していく人がいます。

若い頃からアパレル業界に身をおいていればこのようなケースが見られますが、異業種から未経験での転職の場合はしっかりと先を見据えた上で応募することが大切です。

ただ単に洋服が好きだからと漠然に思っているだけでは厳しいアパレル業界で生き残るのは難しいといえるでしょう。

未経験ならではの強みもある

転職には職種を変える、業界を変える、職種と業界を変えるの3パターンありますが、アパレル業界に未経験で飛び込むのは職種と業界を一度に変える冒険でもあります。

この場合は採用側にしてみればリスクの高い選択であり、自分がアパレル業界で何ができるか、そのために必要なことなどをしっかり自覚しておく必要があるのです。

しかし逆に言えば、アパレル業界未経験だからこそ、一からしっかりとした基礎を学べるという考え方もあります

アパレル業界で働くには経験があるに越したことはありませんが、慣れによるデメリットももちろん存在します。

アパレルで働くといえば販売スタッフが真っ先に思い浮かぶかと思いますが、ここで販売のエキスパートとなる方法のほかに、生産管理部門やブランドを業者相手に売り込む営業、プレスなどに異動できることもあるのです

そのためアパレル業界に転職するときには将来の展望や目指す未来、自分が採用された場合にできることなど自分の言葉でしっかり説明できるようにしておきましょう。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A