女性でもメンズブランドで働ける?

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

メンズブランドは狙い目

男性向けのファッションアイテムを取り揃えるメンズファッションブランド。お客さんは男性客が中心で、店員も男性が多いですね。

そんなメンズブランドショップの販売員に女性は採用されるのでしょうか?

結論から言うと、女性でも働けます。

レディースブランドで働く男性店員はあまり見掛けませんが、メンズブランドで働く女性店員はよく見掛けますよね。

メンズファッションが好きな方、アパレルで働きたいけど女性のみの職場が苦手な方、レディース・メンズ問わず間口を広げて求人探しをしたい方などがメンズブランドを選ぶようです。

アパレルで働きたいと希望する理由として、社割の存在が大きいという女性は少なくありません。そうした社割目的の方はやっぱり自分の好きなブランドで働きたいので、メンズブランドは選びません。

そのためアパレル求人探しに苦戦しているという方は、レディースブランドにこだわらずメンズブランドも視野に入れてみると案外すんなり見つかるかもしれませんよ。

ブランド側としても、女性スタッフを積極的に採用したいと考える所は多いです。

男性のお客さんで女性店員に接客されることに抵抗感があるという人はあまりいませんし、むしろその店員目当てで来るお客さんも出てきます。お店としてはリピート客が増えるのは喜ばしいことですよね。

男性は女性に褒められると単純に嬉しいと感じてしまいますし、女性ウケの良い服装をしたいと考えるお客さんにとっては女性目線からアドバイスしてもらえる女性スタッフはありがたい存在でもあります。

女性がメンズブランドで働く際に気を付けたいこと

女性ブランドで働くのと男性ブランド働くのでは何かと勝手が違います。女性アパレルブランドで勤務経験のある方であれば、初めのうちは戸惑うこともあるかもしれませんね。

まずしっかりと押さえておきたいのが、お客さんが男性ということで女性相手とは違うという点です。これは当たり前なんですが重要なことで、ここをしっかりと意識しておくと接客もスムーズに行えるのではないでしょうか。

例えば商品説明の際に「これは○○製で、有名な職人が作っていて、上質な○○という素材を使っていて・・・」といった情報を提示しても、女性の場合あまり興味を持ってもらえません。

しかし男性の場合はこういった所にこだわりを持つ人が多いため、こうしたうんちくは関心を持って聞いてもらえます。そのため商品知識はしっかりと勉強しておく必要がありますね。

また、メンズショップに女性店員がいると、その女性目当てでお店にくる男性客もいます。

お買い物をしながら楽しく会話する程度ならいいのですが、なかには口説いてきたりしつこく連絡先を聞いてくる人もいます。

お客さんですからあまり無下にする訳にもいきませんが、ひどくなるとストーカー被害にも発展しかねません。

男性向けのセールストークを磨くのと一緒に、口説いてくるお客さんをさらりとかわす話術も身に付けておきたいですね。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A