男性がアパレルショップ店員になるには

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

男だけどアパレル店員になりたい!

アパレルショップの店員といえば女性が多いですよね。

しかし女性しかなれないという訳ではなく、男性のアパレル店員ももちろんいます。

最近はファッションに気を使う男性が増えていますし、女性と同じくオシャレなショップ店員に憧れを持つ男性も増えているのではないでしょうか。

服好きの人にとってアパレルショップ店員はとても魅力的な仕事ですよね。

また、お客さんとのコミュニケーションも重要なショップ店員の仕事は、働いているうちに自然とコミュニケーション能力が養われていきます。

私の知人は元々引っ込み思案だったのですが、アパレル店員として働き出してから人と話すのが得意になってきて性格も明るくなったと言っていました。

今は別の仕事をしていますが、ファッションセンスが磨かれた上に自分の性格を変えることができたアパレル店員の仕事はやって良かったと言っていましたね。

では、女性に比べて比べて数の少ない男性アパレル店員になるにはどうしたらいいのでしょうか。

男性がアパレル店員になるためには

まず、男性がアパレルブランドで働きたいならメンズブランドかメンズ・レディース両方のアイテムを扱っているブランドを狙いましょう。

女性からすると、やはり男性店員だとちょっと抵抗があるという方がとても多いです。

試着する時の「パンツの裾はこうして少し折って・・・」「このTシャツはトップスインして、ここを少し出して・・・」といったやり取りも、女性店員なら問題なくできますが、男性だとなかなか難しいですよね。

またブランド側としても店員には自社ブランドの服を着せて売上アップにつなげたいと考えるため、自社ブランドの服を着れない男性は取らない方針の所も多いです。

レディースブランドで働く男性店員もいることにはいますが、数は圧倒的に少ないです。どうしてもレディースブランドで働きたいと希望しているのでなければ、メンズアイテムを扱うブランドを選びましょう。

あとは希望するブランドの雰囲気に合った見た目というのも大切です。

スーツなども扱うかっちり系のブランドの面接にチャラい恰好で行ってもまず落とされます。

ショップ店員はそのブランドの顔ですから、ブランドイメージをしっかりと理解した上でそれにふさわしい見た目にすることが必要になってきます。

服はそのブランドの服を着れば確実です。あとは髪型やアクセサリーも大事なポイントなので、実際にお店に行ってみて、そこで働く店員を見て参考にするのもいい方法ですね。

アパレル店員は接客業なので、接客や営業の経験があると有利になるでしょう。

こうした経歴をお持ちの方は積極的にアピールするといいですね。

アパレル専門の人材紹介会社ではこうした転職に関するアドバイスももらえるので、求人探しの際は利用してみてはいかがでしょうか。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A