ラグジュアリーブランド勤務の語学力について

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

ラグジュアリーブランドへの転職は語学力が必要?

ラグジュアリーブランドへの転職は語学力があると有利なのでしょうか?

外資系ラグジュアリーブランドには「英語力が必須」というイメージがありますよね。

最近は中国をはじめとするアジアの観光客も増えていますので、英語に加えて中国語を習得する必要がある、複数の外国語をマスターしていなければ応募が出来ない…と考えている方もいます。

しかし「歓迎」と付く求人案件に関しては、現段階で語学をマスターしている必要はありません。英語や中国語を話せる方が歓迎されて転職しやすい、中途採用されやすいことはあっても、決して必須ではないんですよね。

もちろん「必須条件」として英語や中国語が求められることはあります。その辺りはラグジュアリーブランドの方針、希望する人材、求人内容によっても変わりますが、全体的な傾向としては、就職前に英語を話せなくても応募できる求人の方が多いかもしれません。

就職、転職後に必要に応じて英語力を高める、中国語を話せるように努力する、そのようなスキルアップへの意識は大切になりますが、初めからTOEIC800点、中国語検定1級などの検定(資格)まで求められないケースも多いですよ。

その辺りの詳細情報に関しては、ぜひアパレル求人サイトに問い合わせてみて下さい。

外資系ラグジュアリーブランドが求める人材

外資系ラグジュアリーブランドで求めている人材として、接客の仕事が好きだったり、コミュニケーションが得意だったり、自身の将来についてしっかり伝えられるかどうかが大切と言われています。面接を受けようとしているブランドが好きかどうかもポイントですね。

それと共にスキルアップ、キャリアアップへの向上心も重要になります。

接客業、販売業に苦手意識があればラグジュアリーブランドで働くことは難しいですし、向上心が薄ければ語学力を身に付けることも出来ません。

就職前に語学力があれば確かに有利ではありますが、現時点で英語や中国語になじみが無くても、その後の努力でカバーできるのではないでしょうか。

少なくとも「英語が話せる方歓迎」「中国語で日常会話が出来る方歓迎」などと記載されている求人募集に関しては、今は話せないけれども意欲があることをアピールして履歴書・職務経歴書を作成してみて下さい。

転職、就職には巡り合わせもありますし、数多く面接を受ければ受けるほど、中途採用されるチャンスも高くなります。ぜひ効率的にアパレル求人サイトを活用しながら、ラグジュアリーブランドの仕事を探してみて下さいね。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A