ラグジュアリーブランドで働くのは大変?

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

ハイブランドのショップ店員に求められる事とは

ラグジュアリーブランドで働くのは大変なのでしょうか?

ラグジュアリーブランド、ハイブランドのスタッフには、他のアパレル店員より求められることが多いようです。

物腰の柔らかさ、接客態度の良さはもちろん、お客様の気持ちを察するスキルも大切になりますね。一言で言えば「立ち居振る舞い」が大切になります。

そのため、正社員として勤務する場合は、販売経験が長い方が中途採用されやすいですね。

最初に大手メーカーに勤めて、その後ある程度知名度の高いブランド、そして高級メゾンへ転職する方もいます。もちろんそれ以外にも、憧れのラグジュアリーブランドに通い詰めて店員と仲良くなり、面接を受けて採用されたケースもありますね。

しかし一般的には、ラグジュアリーブランド求人に強い紹介会社を利用して積極的に仕事を探し、履歴書・職務経歴書を送り続けることが大切ではないでしょうか。

未経験の場合はアルバイトや派遣スタッフから始めることも視野に入れて下さいね。

外資系ラグジュアリーブランドの場合は、面接で謙虚さを出すよりも、積極的に自分を主張する方が採用されやすいとも言います。その辺りは各ラグジュアリーブランドによっても異なりますが、外資系ブランドへの就職、転職を目指している場合は押さえておいて下さい。

立地によっては英語力が求められる場合も

また、ラグジュアリーブランドでは、語学力が求められるケースも多いです。立地にもよりますが、東京や大阪の店舗の場合は、英語力が必要になると思います。

外国のお客様も多いですし、そのような外国の方々とコミュニケーションを取り、接客することも大切です。最近はアメリカやヨーロッパだけでなく、中国からの観光客も多いんですよね。札幌のような地方都市でも中国人の観光客の姿が目立つので、関東地方、関西地方はさらに中国からのお客様が多いのではないでしょうか。

そのため、ラグジュアリーブランドで働くには語学力をアップさせると良いですね。語学は一朝一夕では身に付かないので、英会話スクールに通うことも検討すると良いでしょう。

もちろんラグジュアリーブランドの求人探しを継続することが最も大切です。何事も準備には挫折がありませんが、行動すると障害が立ちはだかります。しかし行動し続ければ、必ずハードルを越えることが出来るし、道が開けていくんですよね。

どうしてもラグジュアリーブランドで働きたい、憧れのハイブランドで働きたい、その思いさえあれば、色々なことを乗り越えていけると思いますし、一見大変なことも、後から振り返ると大切のスキルになっていたりしますよ。

ラグジュアリーブランドの求人案件は紹介会社・派遣会社に多く集まっていますので、まずはそのようなサービスの利用を検討して下さいね。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A