キッズアパレル 志望動機

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

「子供と接するのが好き」はやはり重要

キッズアパレル(子供服販売)の志望動機についてお伝えしますね。

アパレル販売の志望動機として「洋服が好き」「人と接することが好き」という内容を入れるのは基本です。すでに販売スタッフとして経験があれば、そのことを自己PRに含めても良いでしょう。

それにプラスして、キッズアパレルの場合は「子供と接することが好き」という志望動機が大切になりますね。

やはり子供服を販売している以上、お客さんは子供とその家族になりますし、子供の洋服を買うためにお爺ちゃん、お婆ちゃんと一緒に来店することもあります。

両親と一緒の場合は母親が主導権を握っているケースが多いですが、祖父母と来店する場合、子供の意見で洋服が決まることも多いんですよね。

そのため、どんな洋服がその子に合っているのか、子供の気持ちを理解してコミュニケーションを取りながら接客する必要があります。

もし子供の気持ちが分からない、子供と接することが嫌いなら、なかなか円滑にコミュニケーションを取れませんので、志望動機の段階で「子供と接することが好き」という内容は入れる方が良いでしょう。

実際、元保育士がキッズアパレル店員に転職して成功するケースもあるんですよね。

一般的なアパレル販売でも子供服を扱っていれば接客することがありますが、キッズアパレル専門の売場では、より子供の気持ちを理解することが大切と言えます。

子供服 アパレル 志望動機の作り方

志望動機を作る際は、アパレル業界経験者・未経験者を問わず、希望するアパレルブランド(今回は子供服ブランド)が欲しがっている人材についてしっかりと把握して、志望動機を作成、アピールする事が重要となります。

当然ですが、

子供が好き

という事は必須として、その上で希望されるキッズブランドの好きなところ、もし販売に立つならばお客様にアピールしたい部分も書かれると良いでしょう。

「明るく元気そうなデザインを提案する事で、お子様もご両親も楽しい毎日になるように。もしギフトであれば贈られたご家族に喜ばれるように、仕事をしていきたいと思っております」

他に子供服ブランドで働きたいと考えるようになった「きっかけ」なども書かれるとよりアピールできる志望動機が作成出来るのではないでしょうか。

志望動機はエピソードが入っていると、より採用担当者や面接官に印象深いものとなります。

何度も推敲して、アピール出来る志望動機を作成してみてください。

第三者に添削してもらうことも大切

他にも、友達の子供や親戚の子供がそのキッズブランドを気に入っている、貴社の個性的なデザインに魅力を感じるなど、キッズブランドへの好意的な感想も志望動機に入れると良いですね。あとは純粋に働きたい理由を記載すると良いのではないでしょうか。

あまりに美辞麗句が続くと、逆に「本当かな? 本音で言っているのかな?」と採用担当者に思われますので、伝えたい気持ちをまとめて志望動機に入れ込むと良いでしょう。

完成した志望動機や自己PRは、第三者にチェックしてもらうことをおすすめします。

面談型のアパレル求人サイトを利用することで、履歴書・職務経歴書の添削を行ってもらえることがありますし、面接対策のアドバイスも得られることがありますね。

志望動機は主観的な内容になりがちなので、就職支援のプロによる客観的な分析、サポートを受けてみて下さい。

当サイトでも人気のアパレル求人サイト、アパレル紹介サービスを掲載していますので、利用してみて下さいね。

正社員として子供服ブランドを志望されているのであれば、

派遣でお仕事探しをされている場合には、

などを活用されるとアパレル求人が見つけやすいので、オススメです。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A