アパレル企業 就職する方法

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

アパレルに就職するために

イメージ

アパレルと一口に言っても、その仕事内容や職種は非常に様々です。

例えば、商品をデザインするデザイナーやデザインを元に型紙をおこすパタンナー、売れる商品を企画する商品企画、実際に服を作り出す生産と、枚挙にいとまがありません。

このように、様々な職種があるわけです。

いずれの職種もアパレル業界ではどれが欠けても成り立たないと言える、大切な仕事ばかりです。

アパレルの職種については、こちらのページでご紹介していますので、参考になさってみてください。

さて、アパレル企業に就職するためにまず、考えたいこと。

それは、自分がどんな仕事がしたいのか、ということを考え、目標を持つことだと思います。

そのためには、業界研究を行うことも欠かせません。

実際に新卒で企業に就職するには、専門学校や大学などを卒業した後、就職活動をし、正社員や派遣・契約社員として希望の企業に入社するという方法が一般的かと思います。

その他にも、学生時代からアルバイトでアパレルで働き、卒業と同時に正社員になられた方も決して少なくはありません。

また、専門学校でデザイナーの勉強をして、就職へつなげた方もいらっしゃいます。

目標を持って就職活動

上記でも書きましたが、デザイナーになりたいのか、商品企画の仕事がしたいのか、実際に商品を作る生産がしたいのか。

いずれはバイヤーの仕事がしたいと思っている方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、いずれにしろ、多くの場合、未経験者や新卒の方は、入社した後はまず販売に就くことが多いようです。

販売はお客さんのニーズをつかむ上でも、大切な役割であることを覚えておいてください。

そして、数年の経験を積んだ後に、様々な職種に回るということが多いようです。

それが希望の職種に就く一般的な道のようなので、アパレルの企業に就職するには、目標がはっきりしていた方が良いと思います。

また、中には、アルバイトをしていく中で、目標ができる場合もあるでしょう。

目標があるということは、自己PRになりますから、入社試験の時に必ず役に立ちます

ですから、まずは自己分析を行い、なぜアパレルの仕事がしたいのか、アパレルの中でもいずれ付きたい職種は何かというところをしっかり把握しておきましょう。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A