30代でアパレル復帰、求人を見つけるには

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

アパレルに復帰する際の職場探し

30代でアパレル復帰を考えていますでしょうか?その場合「どうやって求人を探そうかな…」って思いますよね。

20代の仕事探しと、30代の仕事探しでは、やはり色々と違います。20代前半ならショップ店員として簡単に採用されたかもしれませんが、30歳を過ぎると難しいことがあるんですよね。

特に『35歳』という年齢がラインと言われています。そのため、「30代前半の内にアパレル復帰したい」ところですが、35歳を超えていてもチャンスはありますよ。

アパレル転職サイト・人材紹介会社の求人を見ると、

という内容の求人募集が見られますしね。

求人数で比較すれば、10代後半~20代を対象にした募集が多いかもしれませんが、30代向けのブランドショップの中には、「30代のスタッフの方が人数が多い」というケースもありますよ。

未経験から30代で転職するのはハードルが高くても、あなたのようにアパレル業界の経験があれば、スムーズに採用されるチャンスもあるでしょう。

経験とスキルによっては、副店長や店長として復帰できるかもしれませんね。

今までのアパレル経験って活かせる?

中には「かつて店長として働いていた」という方もいらっしゃると思います。

私の友人も20代前半でカジュアルショップの店長をしていましたね。大きな店舗ではなく、個人ブランドのような小さなショップでしたが、そのようなお店だからこそ、店長や副店長のようなポジションを任されやすかったようです。

そのような経験が評価され、好条件で採用されるケースもありますよ。それと共に、平日もお客さんで賑わうような『規模の大きなショップ』で働いた経験も評価されやすいでしょう。

ポイントとしては、今までのアパレル経験を活かせる求人を探すことですね。

そのために、まずは職歴の棚卸しを行ってみて下さい。アパレル時代の仕事内容を全て思い出し、「細かな部分まで書き出してみる」ということですね。

それと共に、アパレル以外の職歴があれば、それも全て思い出すと良いでしょう。30代が評価される要素は、かつてのアパレル経験に限りませんからね。

職歴、仕事内容を自己PRする

異業種の接客業・販売業の経験が評価されるケースもありますし、OLとして総合職で働いた経験もプラスの評価になりやすいです。

その辺りはアパレル企業によっても異なりますが、『アパレル業界から離れている間の経歴』を自己PRに含めることで、履歴書・職務経歴書に深みが出ますよ。

特に正社員として復職を考えている場合は、「今までのスキルと経験を全て活かす」くらいの気持ちで動いて下さいね。

アパレル以外に職歴がない場合(結婚や出産に伴う退職など)は志望動機の充実でしょうか。履歴書で良く読まれますし、「なぜ30代になってアパレル復帰を考えているのか?」に対する回答を志望動機にまとめることで、書類審査に通過しやすくなるでしょう。

言いかえると、「適当な志望動機、自己PRでは面接まで辿り着けない」ということですね。アパレル紹介会社を利用すれば、書類選考なしで面接を受けられることがありますが、考え方は同じです。

面接で聞かれやすいのも、「なぜアパレル復帰したいのですか?」という質問ですし、説得力ある回答を伝えるには、事前にしっかりと志望動機をまとめて下さい。

では、どうすれば30代向けのアパレル求人を『具体的に』探せるのでしょうか。

アパレル求人サイトを利用する

20代がターゲットのアパレル求人は見つけやすくても、30代は募集が減りますから、積極的に情報収集を行うのが第一ですね。

インターネットや市販の求人雑誌で分かることも多いですし、ハローワークのネット求人検索を利用しても良いでしょう。今もアパレル業界で働く友人(同じ30代)がいれば、コネクションを利用できるかもしれません。

それと共におすすめしたいのが、アパレル求人サイト(人材紹介サービス)の活用です。一般的な求人サイトではなく、アパレルに特化している専門の求人サイトですね。

求人紹介から面接対策まで受けられる人材紹介会社もありますし、そのようなサービスを利用することで、効率的に30代向けのアパレル求人を探せますよ。

会員登録は無料ですから、気軽に利用されてみてください。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A