アパレル就職にはコミュニケーション能力が重要?

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

やっぱりコミュニケーションは大切

アパレル就職にはコミュニケーション能力が重要なのでしょうか?

アパレルの仕事と一口に言っても、デザイナー、パタンナー、仕入担当、プレス業務、ショップ店員など色々ありますが、どの仕事でもコミュニケーションは大切になりますね。

特にショップ店員、販売員として働く場合、コミュニケーションスキルが非常に重要と言えます。その理由としてお客さん対応がありますし、数字を上げるには高いレベルでコミュニケーションを取る必要があるんですよね。

人見知りで会話が苦手、知らない人に自分から声をかけられない・・・そのような方は、残念ながらショップ店員は難しいと思います。

ただし仕事を行う過程で、ある程度まで苦手意識は克服できますよ。

私も人見知りでコミュニケーションが苦手ですが、販売の仕事を行っていた頃は、自分から積極的に声掛けしていましたね。全てのお客さんが店員から話しかけられるのを避けたい、と思っている訳ではありませんからね。

従業員同士の人間関係を築く際にも必要になる

ショップに訪れるお客さん心理として、

とよく言われています。

しかし声をかけて欲しいかどうかは、なかなか見抜けないものです。なのでショップ店員の多くが、自分からお客さんに声掛けをして、洋服を買いたいお客さんを逃さないようにしていますね。

その際に必要なのがコミュニケーション能力です。中には最初からコミュニケーションが得意で、自然な笑顔で接客できるタイプもいます。もしあなたがそのような性格なら、アパレル販売員に向いていると言えるでしょう。

アパレルショップは店員の多くが女性なので、お客さんとの関係だけでなく、同じ店舗で働く正社員、アルバイト、派遣社員とも上手に人間関係を築く必要があります。

男性が多い職場なら割り切ったコミュニケーションも出来ますが、女性同士になればグループが出来ていたり、ちょっとしたすれ違いから関係にヒビが入ることもあるんですよね・・・。

そのような横の関係を築くにもコミュニケーションスキルが大切ですし、前述したように接客業務もコミュニケーション次第と言えますから、アパレル販売員として働く上で、とても重要な能力と言えるでしょう。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A