連休が取れるアパレル求人

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

有給を取りやすいアパレルの職場ってあるの?

連休が取れるアパレル求人について調べたのでシェアしますね。

お盆や年末年始に大型連休を取れる会社もあれば、月8日以上休めて連休に対応しているアパレル企業の求人もありましたね。その連休期間を利用して海外へ行くスタッフもいるようです。

視野を広げるという意味でも、海外のファッションを勉強したり、刺激を受けに行くという意味でも海外旅行はアパレル業界で働く人にとっては価値あることだと思います。もちろんそうした事とは別に、完全に趣味で好きな国へ海外旅行する方もいますね。

連休を有給休暇で消化できる会社もありますし(法律的に有給休暇は労働者の権利として認められていますが)、休日に関する規定は各アパレル企業によって異なります。

休み(連休)を取りやすい、残業が少ない会社もあれば、なかなか休めない上に残業が多い会社もあるでしょう。もしかすると店舗ごとに基準が異なるかもしれません。

私も支店で接客の仕事をしていましたが、本社とは労働環境が違っていたことがあります。主に残業代の部分でしたが、連休に関しても基準が異なることがありますので、しっかり確認すると良いですね。

基本的にアパレルショップはサービス業ですから、年末年始やクリスマスシーズンに繁忙期が訪れたり、夏休み、冬休み期間が忙しくなります。

そのため、連休が取れる場合も、そのような「繁忙期以外」に限られることがありますね。

忙しい時期は有給休暇の申請をしたとしても、角が立つこともありますし、時期をずらして欲しいという事で言われてしまう事もあります。

休みが取りやすいのはお店の繁忙期以外

有給休暇は労働者の権利ですが、会社側にも時季変更権というのがありますから、絶対に希望日に取得できる、という訳ではありません。この辺りは、各アパレル企業毎に事情も違いますから、詳細に関してはその時々によるといった事になるでしょうか。

前述したようにお盆や年末年始、お正月に連休が取れる会社もありますが、全体的な比率から考えると、連休を取りやすい時期はお客さんが少ない時期、あまり混まないシーズンに限られるかもしれません。

ハローワークや就職雑誌で仕事を探す場合、「連休が取れる職場かどうか」を面接前に知ることは難しいです。求人項目に記載されていれば別ですが、連休に関する詳細情報が書かれているケースは少ないですし、面接終わりの質問タイムで聞くことになるでしょう。

その際に「連休は難しいですね」と採用担当者に言われたら・・・それまでの努力が水の泡ですよね。

本気で履歴書・職務経歴書を作成すれば時間が掛かりますし、面接日は他の予定を犠牲にする必要があります。そこまでして時間を掛けても、面接の最後に連休が取れないと分かったら・・・一気にテンションが落ちるのではないでしょうか。

なので、面接前に連休が取れるかどうかを知るには、アパレル求人サイトを利用して下さい。

アパレル職限定の求人サイト・就職支援サービスなら、あらかじめ休日や連休に関する情報も教えてもらえますし、あなたの希望条件にマッチした求人案件を紹介してもらえると思います。

アパレル求人サイトの利用は無料なので、積極的に活用してみて下さいね。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A