仕事の種類

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

まずどんな仕事をしたいかを明確に

イメージ

アパレル業界の仕事と言ってもたくさんの職種があります。

自分がどんな仕事をしたいかで目指す道が変わって来ると思います。

まずデザイナーやパタンナーなど、商品を開発する部門の仕事があります。

消費者のニーズに合わせて、売れる商品を開発しなければなりません。

商品の材料の仕入れや管理をするバイヤーも、商品開発の仕事と言えるでしょう。

次に生産です。商品開発から上がって来たデザインを元に、具体的に商品化する仕事です。

生産された商品の在庫管理もします。生産は自社で行わず、外注に委託する場合もあります。

一番求人の多い販売の仕事

次に販売です。生産された商品を、店舗で消費者に購入してもらう仕事です。
黙っていても売れないので、販売促進の為直接消費者と対面する形となります。

アパレル業界の中でも一番求人の多い職種であり、販売スタッフや販売員と呼ばれます。
これらの職種は、正社員雇用ではなく、契約社員や派遣社員、アルバイトでの採用が多くなります。

長期で働いて行く事によって、正社員登用なる場合がありますが、何年かはかかってしまいます。

この様にアパレル業界で働くと言っても多種多様な仕事があり、やりたい仕事を明確にする事が必要です

やりたい仕事は見つかっても、最初から第一線で働けるはずもなく、最初は雑用から始まり、だんだんとステップアップして任される仕事も多くなるでしょう。

どんな仕事でも最初はみんな初心者です。
経験を積んで初めて一人前となれるのです。

それを踏まえて、自分のやりたい仕事に向かって頑張りましょう。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A