アパレルデザイナー仕事内容

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

アパレルデザイナーの仕事の流れ

アパレルデザイナーを目指すあなたへ。このページでは、アパレルデザイナーの仕事内容・役割について記載しています。

様々な洋服を企画・デザインし、商品として提示するのがアパレルデザイナーの仕事ですね。

まずは性別、年齢、季節、目的などを元にターゲットをイメージし、コンセプトを固めていきます。ブランドによっては最初からコンセプトの指示を受けることがあるかもしれませんが、基本的にはデザイナーが企画を行うようです。

次にファッションデザインの描き出しがあります。素材やシルエット、カラーなどパターンを選択し、デザインを描き出す作業ですね。

その後、デザイン画のパターンメイキングを行います。デザイン画から型紙を起こす作業ですね。基本的にパタンナーが行いますが、デザイナー主導で作業を行うことがあります。

そして仮縫い作業、工場で製造作業、完成後のサンプルチェックという流れです。

やっぱり元々のセンスも重要?

上記で分かるように、アパレルデザイナーの仕事内容・役割は洋服の企画から始まり、工場で製造されたサンプルの最終チェックまで行うことになりますね。

その後に完成品として洋服が店頭に並びますので、非常に責任ある仕事と言えるでしょう。

商品として提示される洋服が売れるかどうか、お客さんに手に取ってもらえるかどうか、試着から購入に繋がるかどうか・・・それにより企業の利益が決まりますし、社員の給与やボーナスへの影響も大きいです。

アパレル販売員が積極的に売る努力を行っても、商品が魅力的でなければ売れ行きは伸びないでしょうし、アパレルデザイナーのセンスによって左右される部分が多いんですよね。

その分、企画力、独創性、デザインスキル、情報収集力が磨かれますし、様々なスタッフとコミュニケーションを取りながら仕事を進めることで協調性も培われると思います。

ただしデザインセンスに関しては、元々の適性、才能が重要になります。どのような仕事でも努力は必要ですし、中には努力次第でスキルが伸びる仕事もありますが、アパレルデザイナー、ファッションデザイナーに関しては、才能プラス努力型の仕事と言えるでしょう。

まずはアパレル求人サイトに登録して、デザイナーの求人募集を探してみて下さい。面談型の転職求人サービスなら、アパレルデザイナーに関する疑問にも答えてもらえますよ。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A