ファッションコーディネーター・デコレーター

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

ファッションコーディネーター

仕事内容
ファッションコーディネーターの仕事は、幅広い知識が必要なので、いきなりなれる職種ではない。
例えば、大型小売店での仕事では、店のファッション・テーマを決めるディレクションを毎シーズンごとに作る。
それに沿って、バイヤーと連動しながら仕入へのアドバイスも行う。
展示会などの商品セレクトなども行う。
時には店舗に立ち、着こなしの提案をすることもある。
ファッション商品の企画、商品構成企画、販売企画、販促企画などについて指導や提案、助言する専門家。
必要なスキル
なるべく多くのファッション業界での経験があった方が良い。
アパレル業界に就職してすぐに就くというのは難しいが、好奇心に富み、行動力・積極性があり、新しいものにどんどん入っていける方が向いている。
平均給与・年収など
平均月収:約18万円から
この職業に就くには
現在は、ファッションコーディネーターになるための専門学校でのコースもある。
アパレル業界に就職して他の職種の経験を積みながら人間関係を築いてから目指すのも良い方法。

デコレーター

仕事内容
デコレーターはVMD(ビジュアルマーチャンダイザーデコレーター)とも呼ばれる。
店舗の商品のイメージを演出する職種。
デコレーターは、ウィンドウを飾る人。
ビジュアルマーチャンダイザーはウィンドウを含む売り場全体を手掛け、より顧客にアピールできる場に作りかえて行く。
ショーウィンドウにキレイにディスプレイするだけではなく、商品の主張を伝える戦略力、メッセージ力も問われる重要な仕事。
必要なスキル
基本的にファッションが好きならだれでも可能性がある。
ファッションが好きでキレイ好きであることは必須条件。
色彩感覚・バランス感覚に優れていること、商売のセンスも必要。
平均給与・年収など
平均月収:約18万円前後から
この職業に就くには
演出技術の基本の勉強をすることも必要。
専門学校で学ぶか、社会に出てからは、現在活躍しているプロのアシスタントになること。
デコレーターを目指す人はまずは販売職を経験してみるのも良い。

ファッションコーディネーター・デコレーターの求人をお探しなら、アパレル専門の人材紹介会社を利用するのがオススメです。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A