エリアマネージャー・スーパーバイザー

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

エリアマネージャー

仕事内容
エリア(地区)の責任者で、エリア内にある店舗の売り上げ、仕入れ、在庫、人事などについて統括管理する。
店頭でのは販売員に接客技術、セールストーク、商品のディスプレイ技術などを専門的に指導するスペシャリスト。
主にベテラン販売員の中から優秀な人がなる場合が多い。
必要なスキル
常に客の立場に立って考えることができる、客観的に見た情報収集、調査、分析力など。
担当エリアの特性を良く理解しておくことも大切。
お店ごとにやらなければいけない課題を見つけ出し、それを元に販売戦略を立てていく。
この職業に就くには
販売員からスタートし、店長として実績を上げてからエリアマネージャーに昇格することが多い。

スーパーバイザー

仕事内容

本店と店舗間の問題を見つけてその解決をする職種・売れ筋商品を把握して、仕入れの際の商品セレクトを助言する職種。
監督者・管理者・指導者を意味する。
ファッション業界では主に多くの店舗を持つ小売業(チェーン店)の本部に在籍し、スペシャリスト、本部スタッフの責任をいう場合もある。

主に3つの職務がある。

  • 各店を巡回して、本部と各店の間の問題発見、問題解決にあたる
  • 売れ筋商品を適宜に把握し、商品仕入れの助言をする
  • 企業によってはほとんどディストリビューターと同じ業務をする

いずれの場合も、専門知識と抱負な経験を持ったベテラン社員(本部のバイヤーや店舗の店長などの経験者)が起用されるケースが多い。

エリアマネージャー・スーパーバイザーの求人をお探しなら、アパレル関連の求人も多く見つかる以下のアパレル転職サイトがオススメです。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A